サンタ車ん

中井の畑のヤマモモの樹を伐採した。
何年か先、畑を返却する時の準備である。

P1000274-002.jpg

その廃材の一つを適当な長さ、形に切断するのを助っ人に頼んだ。
最近、となりの畑を始めた若人?に。

P1000356-001.jpg

上部を斜めにカットし、乾かし、サンダーをかけ、ペンキを塗る。

P1000373-002.jpg

100均で購入の帽子とマフラーをつけて、サンタさんの完成。

P1000396-001.jpg

サンタの完成後、永年の夢、銚子電鉄に乗りに行った。
朝日を浴びて、キャベツ畑をぬって走るデハ1002車両。
(犬吠駅から外川駅へ)


P1000484-005.jpg

デハ1002車両は、地下鉄丸ノ内線カラー。
(本銚子駅から観音駅へ)

P1000549-001.jpg

車内は手作り感一杯のクリスマスモードだが、少し侘しい。
でもこのシーズンは「サンタ車ん号」と銘打っている。


P1000577.jpg

JRと接続する銚子駅の隣が仲ノ町駅。
車両基地があり、デキ3という電気機関車が保存されている。
黒のお姿にマッチしたシックなクリスマスリース。


P1000607-006.jpg

山吹色の銀座線カラーとライトグリーンの京王カラー車両がお休み中。
女性駅員がサンタ風ポンチョ?姿。
そのサンタさん、この駅から車掌として乗務した。


P1000625-003_20141224212759d26.jpg

左に「サンタ車ん号」、右側に「ありがとう」のヘッドマーク。
来月、この車両は廃車となり、上のライトグリーン車両に置き換わる。

P1000572-004.jpg

外川駅でぬれ煎餅、観音駅でタイ焼きを買って電鉄保存に少し貢献。
サンタ駅員さん、一緒の記念写真ありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

サンタ

丸太のサンタさん
ほっこらした 温かみのあるサンタさんですね
こういう遊び心 いいなぁ
クリスマスモードもあと数時間ですね

Re: サンタ

yukiさん、丸太も本望でしょう。
サンタで生き返るのですから。
実は、このアイデア、東京の田園調布という高級住宅街(長嶋茂雄の家もある)を歩いていた時に見つけたものなのです。

やまもも

ついに畑も店じまいモードに入ってしまったのですね。
ヤマモモは、これまで幾多の実をつけてきたことでしょう。

銚子電鉄はこれまで10回は乗りに行きました。
旧デハ801の単行運転が可愛くて、写真撮影がてら沿線に陣取ったものです。
お客さんが手を振ってくれて、嬉しかったな・・・

でも、新聞によると、毎時2本だった運行本数は半分になり、脱線事故で車両の修理代が払えず、近所の高校生が募金を募って寄付した美談が記事になっていましたね。
今度行ったときは、濡れせんべいとたい焼きを買って帰ろうかと思います。(僕は食べられませんが。)

Re: やまもも

となりのじろろさん、そうです、でもあと10年頑張れれば・・・
ヤマモモは店に出ないので貴重品ですが。

10回とは恐れ入りました。
恐ろしいほど揺れました。事故もむべなるかなの路盤でした。
でも、人が結構乗っていましたし、頼りにされていると感じました。
ぬれ煎餅の工場を持っているほど、副業に力を入れているようでした。

No title

畑を返却するのに、木を伐採しなければならないのですか。
もったいないし残念ですね。
でもサンタさんはナイスアイデアで素晴らしい出来です。

「サンタ車ん号」手作り感がいいですね。
車掌さんのコスチュームもなかなか魅力的です。
いつか見に行きたいと思います。

Re: No title

メイの家さん、サンタ人形は余所で見てまねしたのです。

銚子電鉄のフェイスブックを見ると、このサンタさん車掌が載っていました。
是非、応援がてら乗りに行ってください。

初めてブログ見ました

ご無沙汰をしております。貴殿と一緒に高圧ガスの仕事をさせていただいてからずいぶんになります。小生はいまだに高圧ガスの仕事に付いております。
もうさすがに年齢が高くなり、身体もあちらこちらと痛んできておりますので、今期(3月末)で常勤を辞めようかと思っております。
貴殿がこのようなことに情熱を向けておられるのをうらやましく思います。
内にも、町中とて猫の額ほどの畑を作り、ゴーヤ、キューリ、トマト、ルッコラなどを楽しんでおります。
いまから、ゆっくりと貴殿のブログを読ませていただきます。
また、連絡を入れます。

Re: 初めてブログ見ました

英ちゃん、と呼ばせてください。
初コメントありがとうございます。

いまだに昔の仕事を続けられているとのこと、何よりです。
私の仲間でも、国の協会に勤務したり、試験講習会の講師を続けています。

ブログは老人のボケ防止に最適です。
何をするにも、なんでかな?こうしたらよく映るかな?調べなくっちゃ、と頭を使います。
コメントをお待ちしています。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック