山芋の収穫

前回ブログで紹介した山芋(ヤマノイモ)の蔓。
一口に山芋といってもいろいろで最高級は自然薯(日本原産)。
他にナガイモ(中国から渡来)、ツクネイモ、イチョウイモ等がある。


P1000266-006.jpg

うちのはイチョウの葉の形?をしたイチョウイモ。
こんなに不細工なのは土地のせいか?
でも大きいのが取り柄で2㌔を越すものも。


P1000320-003.jpg

先端の芽の部分を切り離して、スポンジで洗ったところ。
芽に、この程度の芋をつけて来春植えると、また大きな芋になる。
スプーンを使って皮を綺麗にこそげ落とす。

P1000326-004.jpg

それをおろし金で摺り、180℃の油でふっくら揚げる。(手前の2個)
春菊には衣をつけてサクッと揚げた。

P1000329-005.jpg

山芋の蔓に着くムカゴを入れて焚いたムカゴご飯。
ムカゴを植えると小さな芋ができ、もう1年育てると大きな芋になる。


P1000332-007.jpg

こちらはニンジンの葉の胡麻和え。
ニンジンもゴマも、そして春菊も畑の収穫物。

P1000330-006.jpg

毎週水曜日の夕飯は私が炊事当番。
畑の収穫物、どうやって使おうか(処理?)と毎回頭を悩ませる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イチョウイモ

イチョウイモ 立派ですねぇ
形は愛嬌でしょう
私はこのイモは作ったこと有りません
長芋オンリーでしたから
今は全てから足を洗いました
プランター栽培なら復活してもいいかなと思っています

No title

いちょういもなんですね。
我が家も最近、長芋を頂きました。
すりおろすと、さらさらで淡白な味に旦那はご立腹でした。
かねちょさん、ごめんなさい!!
イチョウイモはねっとり系ですよね。
畑は作るのも楽しいですが・・・
どう調理しようか悩むのも楽しいですよね。
やっぱり羨ましいなぁ~
むかごも美味しいですよね。

地産地消

自分で育てた作物を自分でいただく、まさに地産地消ですね。
野菜も見事ですが、器といい、盛り付けもお見事です。
そういえば昔、おんぼろマンション時代の専用庭で採れた?(勝手に生えてた)ムカゴを炒っていて、それを忘れてフライパンを溶かしたことがありました。

Re: イチョウイモ

yukiさん、このように変形するのは、何年も同じ種イモを使っていてバイラスが入るせいかな?とも思っています。来年は、ムカゴからも育てようと思います。
プランターで育てるのも楽しみでしょう。

Re: No title

なおちんさん、長芋は棒状なので調理しやすくて好まれます。
その点、イチョウイモは・・・
両方とも、千切りにして食べるとサクッとして私好きです。
ムカゴの味、何と表現するのでしょうね。
土臭いというか・・・懐かしさがこみ上げてくると言おうか・・・

Re: 地産地消

となりのじろろさん、地産地消というには畑が遠すぎますが・・・
ま、ともかく今の生き甲斐は、畑とブログです。
以前に紹介した国宝?の器も使いました。
ムカゴを炒る?芳しくなるのでしょう。今度やってみます。フライパン焦がさないように。

見事な出来

山芋もこんなに種類があるんですね。
自然薯とナガイモぐらいしか食べたことがありません。
ムカゴご飯というのも、食べたことがありません。

それにしても見事なイチョウイモ、素晴らしい出来です。
器も高級そう。
これは食材が活きますね。

Re: 見事な出来

メイの家さん、南方が産地のものもあり山芋は奥が深いです。
ムカゴはこの時期スーパーでも見かけます。

4月14日ブログに載せた小鹿田焼の小鉢を含め器は平凡なものばかりです。
器を置いておくスペースが少ないので何種類もないのです。

お正月

早々に年賀状をありがとうございます。
貴殿のブログ楽しく拝見しております。
「海難1890」の記事も拝見しました。
本件は、関西では結構有名な事柄で、地元和歌山を初め京都
にも当時のトルコの兵士が寄宿していた寺院なども言い伝えられています。
 

Re: お正月

英一さん、ブログを見てもらっているのは励みになります。
エルトゥールル号は横浜を出港し、台風で神戸港に避難しようとしたが、果たせなかったそうですね。
現在、なにかとお騒がせのトルコですが、映画を機に、日本との友好がさらに強まればいいなあと思います。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック