団体さんの訪問(後編)

同じ4日の夕飯は、やはり庭のかまどで鶏肉の丸ごと1羽(中抜き肉)や野菜類をスープで煮込む。
太陽のもとでのかまど作業はやはり暑い。


P1040970.jpg

囲炉裏では炭火で焼き豚、焼きモロコシ、そして焼きエビなど。

P1040998.jpg

何より大事はお酒。
お客さんご持参は、水戸のお酒「宝梅」


P1050008.jpg

そして、仕上げはラーメン。
鳥のスープがよく効いていた。
具にはベーコン。お土産でもいただいた。


P1050009.jpg

5日(日)、今日も朝から快晴。
車で10分ほどの清泉寮へ。
この行例・・・

P1050017.jpg

ジャージー牛のミルクからつくる?ソフトクリームが、皆さんお目当て。
1個350円。もちろん我々も。


P1050018.jpg

後は帰路へ。
夏雲が沸き立つ八ヶ岳としばしのお別れ。


P1050020.jpg

10名の団体さん、飯盒炊飯に、布団の上げ下げ、お掃除、そしてそばの種まきと、お疲れさん。
またのお越しをお待ちしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもながらおいしそう

冒頭、セピアな配色に驚きました。
毎度のことながら、囲炉裏端の網と焼き手の足の風景は情緒があります。
花火シーンとかがあると華やかだったかも。
今回は絶好天だったのですね。八ヶ岳には映えた青空がよく似合います。
高原はさぞかし涼やかなのでしょうね。その生活が羨ましいです。

花火と花の写真

主さんが花火の写真を取っていませんというコメントを拝見しました。
私もフラッシュなしで撮ったのですが、技術の無さで厳しい
結果となりました。感じが伝われば・・・ということで数枚を主
さんに送らせていただきます。
 ついでに、マクロレンズで撮った出来損ないの花々の写真も
同送させていただきます。
後ほど。

Re: いつもながらおいしそう

となりのじろろさん、セピアにしたのは賛同いただけますか。
お顔を出さない写真というものはちょっと残念ですが…
花火シーンの写真を送っていただきましたので、追加を考えています。

Re: 花火と花の写真

青ちんさん、花火の写真をアップすることを考えています。

セピア写真

セピア写真はレトロな哀愁が醸し出されて、とてもいい発想じゃないですか。
 ラーメンの写真は、私はすっかり夢の中におり、ブログで初めて
拝見いたしましたが、これこそセピア写真にしてほしかったですね
(笑)

Re: セピア写真

青ちんさん、セピア色ってなにかかっこいいですよね。
年がわかってしまいますけど。

ラーメンは独特の味でした。残念だったですね。

No title

おっ!!
つかの間の夏休みでしたか。お帰りなさいませ・・・ですかね。
となりのじろうさんから、貴重なドキュメント(ブルーレイDISC)?
をいただきましたが、プレイヤーが無く見れないのが残念ですv-75

Re: No title

青ちんさん、17日に自宅復帰しました。

どんなドキュメントなのでしょうね。
みたいです。

花火は火遊びの極致です!

○ 昔から親たちは「火遊びをすると寝小便をする」とか言って、
 素敵な?怖い?危ない?…が…人類が動物から奪い取った…
 最高の贅沢を独占して来ました!
  大人になったら、真っ先に遣りたい…、それが火遊びでした…!
○ 小生、四阿(あずまや)で炭を熾すことを究極の調理と評価して おります…ゾ! 
○ そして、花火は…街中では容易にできないという意味からも、
 それに準ずる楽しみと位置付け…実に羨ましい限りなのダ…!
○ だから、消防庁にも消防署にも勤務しないでおりました…??

Re: 花火は火遊びの極致です!

賢ちゃん、火遊びは農作業の次に好きです。
花火の製造責任者資格(国家資格)も持っているのだ。エヘン!
9月の第二週は、里の皆さん主催の花火大会があります。
150年くらい続いている行事です。

プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック