コキアの紅葉

亡くなった母が使っていた座敷箒。
時たまリビングの掃除で使うことがある。電気も喰わずエコ。
イネ科のホウキモロコシ(俗に、ほうき草)が原料。


P1030324-044.jpg

同じようにほうき草と呼ばれるものにコキアがある。
こちらはアカザ科で、その実は畑のキャビアと呼ぶトンブリ。
今回、その紅葉を見に茨城県の国営ひたち海浜公園に行った。


P1030275-013.jpg

手前にソバ、その奥にコスモス、そして奥にコキア。

P1030273-011.jpg

P1030291-028.jpg

コキアはひと株が直径1メートルほどの球状。
薄グリーン色だったのが、この時期紅葉する。

P1030284-022.jpg

P1030283-021.jpg

P1030288-025.jpg

こちらは、セイタカアワダチソウ。(写真は宿泊地の涸沼湖岸)
この時期、道路の脇も、休耕地も行く先々この花で黄色づくめ。
在来種のススキは肩身が狭そう。


P1030270-008.jpg

この地域の足、ひたちなか海浜鉄道のキハ3710。
東日本大震災のダメージから取り合えずは復旧したが・・・
誰が手入れをしているのか、線路脇にキクに似た園芸種を列植。

P1030301-032.jpg

この3セクの本社がある那珂湊駅構内に留置されているケハ600。
日本初のステンレス気動車とのこと。
車輪も取り外され寂しそうだ。(おまけの写真)

P1030314-038.jpg

同一種の植物をかためて植えることが流行っている。
セイダカアワダチソウも知らない人が見たら綺麗と思うのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほうき草

ほうき草の絨毯 素晴らしいです
昔 我が家の畑にもほうき草が植わっていました
座敷箒 我が家でも健在です(^.^)

No title

座敷箒は、子どもの頃に実家で使っていました。
ザーザーという掃くあの音が、懐かしく思い起こされます。

ひたち海浜公園は素晴らしい公園のようですね。
コキアの紅葉も、コスモスも美しい。
セイダカアワダチソウも確かにまとまれば美しく見えるかもしれませんが、ススキの方が日本人にとってはあっているのではなでしょうか。

みごとな赤

実家が立て直すまで電気クリーナーがなく、掃除は箒が主役でした。もっぱら子供の仕事で、全室畳でしたが、固絞の雑巾で表面を拭かされたりもしたものです。
しかし、ほうき草とはかくも赤くなるのですね。青空に映える色調がなんともいえません。

最後のステンレス気動車は、クハ?と違和感があったので調べましたら、ケハでした。クだと電動車になるのですね。

Re: ほうき草

yukiさん、まさしく絨毯の言葉がふさわしい。
ちょっと田舎(失礼!)に行くと、時々この紅葉を見かけます。
この枝を束ねると庭箒になります。
ホウキモロコシの座敷箒は、まだ健在の家もあるようですね。

Re: No title

メイの家さん、昔はどの家庭にも座敷箒がありましたね。
畳の家も少なくなって、あのザーザーという音を知らない世代が多くなりました。

国営の公園なのですが、国がやる意味は良く分かりません。
でもコキアは素晴らしかった。
セイタカアワダチソウやハンゴンソウの黄色い花が、その季節に新幹線からもよく見かけます。
外国産の遺伝子の強さ、尋常ではありません。

Re: みごとな赤

となりのじろろさん、そうですか箒、使ったことがありますか。
最後の世代では?

ケハですか。
ネットから書き写した時に間違えたかな?エンジンが付いているのでクだと思ってました。
生半可な鉄ちゃんなもんで、ありがとうございました。さっそく訂正しておきます。

No title

ほうき草。。。
真っ赤でなくても、緑と青のツートンでも
なかなか綺麗ではないかと思います。
中井の畑の畔にぜひ植えたいと思います。
種をどなたかからもらってこなくては。。。

Re: No title

しんのすけさん、ほうき草の栽培にチャレンジしてみましょう。
列植すると見事です。
箒も作ってみてください。
種の入手方法を考えてみましょう。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック