保存鉄道

日本一の保存鉄道・大井川鉄道に乗った。
東海道線の金谷駅から千頭駅までが本線で約40km。
1985(昭和60)年製造の近鉄16000系が現役。


P1100027-009.jpg

1958(昭和33)年製造の南海21000系も。
こちらは、塗装の剥がれを見て、「壊れている」と孫。

P1100035-013.jpg

昨年、SLの始発駅・新金谷に転車台を造った。
それにより以前のようなSLのバック運転が見られなくなった。

P1100044-020.jpg

乗車したSLは、1940(昭和15)年製造のC11形190号機。
八代で個人が保存していたものを復活させたという。

P1100045-021.jpg

客車も古い。懐かしい装備品類。

P1020980-008.jpg

P1020981-009.jpg P1100095-056.jpg
 
P1020990-018.jpg P1030003-030.jpg

沿線は川根茶の産地。
開けた窓。煙の匂いとともに空気を一杯吸い込む。

P1020989-017.jpg

アユの甘露煮などが入った「大井川ふるさと弁当」に舌鼓。
ゆったりとした時間が流れる。


P1100083-048.jpg

終点で待ち構えていたのはアニメのトーマス号を模したSL。

P1020995-023.jpg

トーマスの運転台は触り放題。

P1020997-025.jpg

鉄道を満喫した一日であった。
鉄ちゃん教育の巻。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしいなぁ

フックに灰皿 暖房カバー
扇風機も含めて懐かしいな~

駅弁 中身を見たかったな (^.^)

旧車の博物館

大井川鉄道はオールドカーの宝庫で、ええ!まだ使ってるの?という名車がたくさん残ってますね。
近鉄エースカーは同線の主力だったと思いました。
以前、北陸鉄道製しらさぎ号という電車が走っており、それだけを見にわざわざ行ったことがあります。
しかし、超ローカル私鉄ですが、旧名車の収集やSLの定時運行など、頑張ってますね。

南海電車

Shige Haruさん、今日は!

大井川鉄道は、日本一の保存鉄道ですか。知りませんでした。
この、南海電車懐かしいです。実は私の親のふるさとが和歌山県の山奥にあります。私が小さい頃、この南海電鉄に乗って、さらに野上電鉄に乗って行ったことを思い出しました。

50年以上の月日があっという間に過ぎ去ってしまいましたね。

Re: 旧車の博物館

となりのじろろさん、エーしらさぎ号、写真もあるのでしょうね。
今度披露してください。
この鉄道会社、頑張っているんですが、東京や大阪からのバスツアー客が減って、ここ3年赤字続きとのことです。
あの事件以来、東京などからは運転手2名が必要になってしまった影響なのだそうです。
今年から、SL以外の運転本数が減りました。

Re: 南海電車

山栗さん、旧南海電車のこの顔、TVで初めて見た時、昔、東急・東横線で私が乗っていた「青がえる」が!と勘違いしました。
丸みを帯びた愛きょうある顔。
青がえるに会いに行ったお話し→http://yatsugatakenanroku.blog.fc2.com/blog-date-201401.html

野上鉄道、初めて聞きました。
いろんな鉄道が日本にはあった。
今一番心配しているのは、岳南鉄道、そして熊本電気鉄道。



Re: Re: 懐かしいなぁ

> yukiさん、鉄道まるごと「懐かしいな~」があふれています。
> この扇風機、回っているんです。
> 灰皿、私が蓋の開け方を教えたら、鉄ちゃん候補生がまねました。
> でもママが、汚いからダメ!と一喝・・・。
>
> 駅弁、シンプルな味付け。
> うちのコック長の評価も高かった。

No title

金谷に行かれたんですね。私の嫁のふるさとです。日本駄衛門の大泥棒がいたところですね。金谷の茶畑は大井川の渡しの連中が橋ができたため、転職を茶畑に求めたものだそうです。国立茶業センターがあります。一時、毎週月曜日に金谷から通勤したことがあるんです。娘はそこの幼稚園に通いました。今も義兄が医院を継いでいます。なつかしいところにいかれましたね。

Re: No title

エメンさんと縁の深い土地とは知りませんでした。
金谷からの遠距離通勤とは!、東北新幹線だけではなかったのだ。
金谷の駅前も茶畑でした。ここいら辺の家は、皆裕福そうでした。
大井川の人足さんも旨い転職をしたのですね。

ところで、二つ前のブログで、勝手に載せさせていただきました。
ご容赦を。

No title

パソコンをやっている私の後ろから珍しく覗き込んで言いました。
「この近鉄は乗ったけど、二枚目の写真の南海は乗れなかった。乗りたかったなー。」

やっぱり覚えていたんだ、と嬉しくなりました。
大井川鉄道は、二回乗りましたが、一度目は息子が一、二歳の頃なので、二回目の方を覚えているものと思います。

装備品類は懐かしいですね。
特に暖房。
雪国生まれなので、あそこに長靴を載せて暖まったものでした。

Re: No title

メイの家さん、南海の旧車は私の好きな顔です。
まさしく「壊れている」状態でしたので、残された時間は僅かのようです。

暖房の出っ張り、私をまねて、鉄ちゃん候補生も短い足を乗せました。
灰皿入れのパチンという音、出来ないのが残念そうでした。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック