東京駅前の新名所

昨年3月、東京駅前の郵便局跡地にKITTE(キッテ)がオープンした。
ピジョン山大臣が、由緒ある建物を壊すとはけしからんと、一時待ったをかけた再開発だ。

P1010874-020.jpg

外観を保存したとはいえ、実際には新しいタイルが使用されている。
でも、趣きは十分に残っている。黒いサッシ枠も似合っている。

P1010961-025.jpg

内部は三角形の吹き抜けで5階まである。
ガラス天井から光が入る。
全国各地の銘品を扱うショップがズラリ。


P1010959-023.jpg

2,3階には入場無料のミュージアムがある。
東京大学が所蔵するカビ臭いような学術標本が展示されている。
動植物、化石、人体、専門的な測定器具・・・・


P1010960-024.jpg

4階に旧東京中央郵便局長室が保存されている。
ここも立ち入り自由。


P1010869-015.jpg

お目当ては屋上庭園。
一部、芝生も貼られ休憩にもってこいの場所。


P1010862-009.jpg

当然、東京駅が眼下に見える。

P1010860-007.jpg

そして、発着する電車も。
残念ながら南へ向かう電車が中心となる。

P1010856-004.jpg

P1010854-002.jpg

電車を堪能した後は、浜松町まで戻って昔の仲間との会合。
旧交を温め、少し歩いて東京タワーを写した。
頑張っていると思う。スカイツリーに負けるなよ。

P1010971-035.jpg

新しい商業ビルが林立しているが、キッテの名前は忘れそうもない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新名所

新名所の屋上は日本庭園ですか 
眼下に東京駅を臨めるなんてすばらしいですね
東京タワーは2度上りました
中学校の修学旅行の時と社会人になって一度です
因みにスカイツリーは見たことありません(^-^;

新名所

Shige Haruさんは効率よく行動されるのですね。私は浜松町と往復でした。東京駅付近の開発は凄まじいけど、KITTEも東京駅も面影を大事にしてくれて嬉しいですね。屋上緑化といえば、私の高校同級生が大分前に商社を早期退職し、会社を興して頑張っています。

No title

初めてコメントさせていただきます
KITTEの屋上庭園からの夜景もいいですよ♪

Re: 新名所

yukiさん、芝生だけなので日本庭園といった趣はありません。
そんなに広くはないのです。
東京タワーはまさしく昭和の代表です。
私も2度ほどしか登っていません。
スカイツリーは23区内ならかなりの処で見られますよ。

Re: 新名所

ケンさん、正しく名前を呼んでいただいてGOOです。
お上りした時はあちらこちら廻るようにしています。

屋上緑化はずいぶんと増えてきました。
KITTEにもかなり大きな樹まで植わっていました。
最近は家庭菜園として利用できるところもあり、評判です。

Re: No title

向阪さん、初コメント大歓迎です。
ブログをやられているのでしたら訪問させてください。

屋上庭園は夜も利用できるのですね。
夏はいいでしょうね・・・、でも一人では行きにくそう。
でも、夜景写真、撮りたいです。

KITTE

KITTE、立地条件としては最高ですね。
そして、なかなか面白いものがありますね。
これは行ってみないといけません。

東京タワーは、昭和のシンボルですね。
平成になっても確かに頑張っています。
登ったのは、いつのことだったか・・・。

Re: KITTE

メイの家さん、東京駅とは地下で繋がっているそうです。
雨に合わないですむとなれば、梅雨の時期は特にお薦めです。

東京タワーの、あの踏ん張った足が好きです。
安心感・安定感があります。
昭和の製品・作品に共通することなのでしょうか。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック