アーティチョークの味

フランス料理に出てくるアーティチョークという食材がある。
種を購入して一昨年の秋にポットに播いたところ、2つだけ発芽した。

P1010743.jpg

その苗を1年7ヵ月中井の畑で育てたところ、その株に10個の蕾が付いた。

5月10日 (4)

ソフトボールほどの大きさ。
葉にも、蕾の一枚一枚の「がく片」の先にも鋭い棘がある。

5月10日 (2)

この蕾を丸ごと、薄い酢水で30分ほど茹でる。
がく片を一枚ずつ剥がして、その根元の内側を歯でこそぐようにして食べる。ベビーコーンに似た味。粒マスタード+オリーブオイルが合う。

P1010731.jpg

食べた後のがく片。裏側はこのとおりの薄紫色。

P1010737.jpg

がく片を全部外すと、それが付いていた軸(花芯)はこんな風になる。
この花芯(チョーク)は、おしべとめしべなので食べられない。

P1010736.jpg

花芯をごっそり外すと、こんな綺麗な丸底状(ハート)になる。

P1010738.jpg

断面はこのとおり。黄色っぽいところ(厚さ1センチほど)を食する。
がく片と違って、厚みがあるので食べ応えが有る。
レストランでこの部分お目にかかることがないが、ここが肝だ。


P1010740.jpg

余談だが、種を播いた5日後、秋田駅前のイタリアレストラン「アーティチョーク」で秋田の友人を交えて会食をした。
イタリアの名門レストラン「イルティネッロ」と名門ワイナリー「ゾーニン社」の協力を得て開店したという店。
でも、現物は出なかった。(写真:同店のHPからコピぺ)

image6.jpg

アーティチョークはキク科、チョウセンアザミ属。
アザミに似た花を咲かせる。収穫は5~6年楽しめるという。
食べてみようという方は来年はお送りできますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アーティチョーク

アーティチョーク 聞くのも見るのも初めてです
会津に埋もれている田舎者ですから当たり前ですね
勉強になりました (^.^)

No title

チョーセンアザミともいうようですね。アザミににていませんが花が咲くと似てくるのでしょうか?

Re: アーティチョーク

yukiさん、欧米ではともかく、日本人にはなじみが薄いですね。
アーティチョークは温暖の地の植物なので、会津の路地では冬を越さないでしょう。
でもどこかでのレストランで、ハートの部分をお口にしているかもしれませんよ。

Re: No title

青ちんさん、そのとおり、アザミに似た花を咲かせます。
かなり大きな花なので切り花としても豪華ですよ。
今回、食べ残したら花もご覧に入れましょう。

未知の食材

僕もアーティチョークという名前を始めて聞きました。
写真を拝見すると、花托の部分でしょうか、サトイモのような色合いですね。
酢で煮るというのも独特なような。
手がかかりそうな食材ですが、いつも思うのは、これを最初に食べようとした人の偉人さです。

Re: 未知の食材

となりのじろろさんでも知らないことがあって嬉しいです。
そう、花托というようです。
この部分が食べ応えあります。
昨晩、関内で飲んだ時、最初の人は偉いという、その話題になりました。

秋田のイタリアン

懐かしいですね。
店の名前はあまり記憶してなかったけど、確かに「アーティチョーク」。
あの時いただいた「きりたんぽ」を家で鍋にしたら、とても美味くて…
また秋田に行きたくなりました。
で、アーティチョークの花芯の「土台」はさすがに食べたことがないので、今度試してみたいです。

Re: 秋田のイタリアン

柳の下の青蛙さん、久しぶりのコメントうれしいです。
あの時、秋田のレストランを探していて、名前が気に行って選んだ店でした。
雰囲気も、料理も良かったと思います。
「あけぼの」の廃止で、秋田に行く意欲は失われましたが、角館の枝垂れ桜はやはり見てみたいです。

アーティチョークは、来年お送りしたいと思います。
せいぜい頑張って育てますのでその時までお待ちください。

No title

アーティチョークは、全く見たことも聞いたこともありませんでした。
フランス料理もあまり食べたことが無く・・・。
イタリアレストランでも出てこなかったですか。

栽培している人はまだ少ないでしょうね。
ても、いずれ日本でもポピュラーになるかもしれませんね。

No title

いろんなものを育てているのですね。
興味・関心が一番大切なのだなって、いつも読んでいて思います。
種が入っていたと思われる袋に
栄養価が高く育てやすい注目の西洋野菜と書かれてありますが。
どんな味がするのでしょう。
温暖な土地なら、ほおっておいても育つものなのでしょうか・・
けっこう大きそうなので、
蕾がついた時はやったなって思うんでしょうね。
また、バイオレットプレコスとは、蕾の色のこと?
それなら、他にも色があるのかな?
ハートの部分、筍のようなにおいがしそうですね。

Re: No title

メイの家さん、アーティチョークは欧米では季節を知らせる食材かもしれません。
日本の筍やタラノ芽のような。

この辺では三浦半島で栽培しています。
30年ほど前、その現場に出くわしたことがあります。
時々スーパーで見かけることがありますが、買う人は少なそうです。

Re: No title

なおちんさん、なんでも興味を持つ、というのがモットーです。
これから花を咲かそうという蕾なので、花のエキスが一杯詰まっていそうですね。
味は、筍のようにも、スイートコーンにも、若いジャガイモにも似た味です。
暖地なら冬を越します。
丈夫な宿根草です。
蕾に紫が入っています。花もアザミと同じ色、形のようです。
薄い酢水で茹でたので本当の匂いは分かりませんが、若い植物独特の臭いといったところでしょうか。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック