農の里の様子

半年ぶりの農の里。
八ヶ岳には残雪、麓の大豆や蕎麦の畑はまだ手つかずである。

P1010689.jpg

丸一山荘の住人と、クリスタルラインをドライブした。
農の里を出てすぐ、隣の集落の田に水が張られていた。
南アルプスの連山も雪で光る。


P1010702.jpg

クリスタルラインは山梨県の北部山岳地帯を東西に走る林道。
曲がりなりにも舗装はされているが、落石は多い。
この時期、ヤマナシが咲く。

P1010705.jpg

ヤマナシは食べる梨の原種といわれ、中国からの渡来種。
そのため多くは植栽したものとのこと。
ところで、県の花は、予想に反して富士山の周りに多いフジザクラ。


P1010701.jpg

途中、小尾(おび)の集落辺りから瑞牆(みずがき)山が出現。
標高2,230m、花崗岩の岩峰が聳え立つ。


P1010720.jpg

ミツバツツジが満開。

P1010712.jpg

ともかく、山の緑がきれい。
荷台(そう、軽トラでのドライブ)のセットで珈琲ブレイク。


P1010706.jpg P1010703.jpg

ところで、この冬の雪の被害はすさまじかった。
となりの集落で花を栽培されている方のビニールハウス。


P1010697.jpg

雪で、ハウスの屋根が地面にまで押しつぶされたとのこと。
でもめげずに、ジャッキアップしてここまで回復。
きっと、素晴らしいほ場を造り上げるに違いない。ビオトープ併設の。


P1010692.jpg

出立の朝、時計を見たら丁度4時44分。
朝焼けの八ヶ岳を見たのは初めてかも。


P1010722.jpg

帰路、里で使っていた鉄パイプを中井の畑に降ろした。
その畑では秋に播いた小麦(はるよこい種・パン用)が開花していた。

P1010727.jpg

勝沼のブドウ棚も新しくやり直した処が多かった。
どうやらこの秋の収穫が期待できそうだ。
自然の脅威に立ち向かうその姿に、人間の強さを感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひさしぶりの本題の報告ですね。大丈夫なでしょうか、色々と。ヤマナシは山梨の語源なのでしょうね?

No title

山あいの水田 絵になりますねぇ
でもこういう所の農家さん大変でしょうねぇ
自分がそこで作業していたらと思うと・・・
作業も管理もほんとに大変でしょうねぇ

Re: No title

青ちんさん、毎週、農の里から報告できればいいのですがねえ。
山梨県の語源は、このヤマナシの花からと、山を均すと、二つ説があるようですよ。

Re: No title

yukiさん、棚田の風景、いつか絵に描いてみたいと思っています。
でも、農家泣かせですね。
写真の田は、いずれもまだ大きい方です。
私が借りてやっていた田は、5畝とか7畝でした。
米どころとは雲泥の差ですね。

感涙

懐かしい風景です。
今年はぜひ、ご一緒させてください。
瑞牆山もこんな位置から見えるのですね。僕には奥秩父のイメージがあって(大昔、甲武信~国師~朝日~金峰と縦走し、最後に瑞牆山から下山。)、山梨の山とは知っていましたが、農の里と頭の中でリンクしていませんでした。
次回伺った際は、ぜひ訪れてみたいと思います。

Re: 感涙

どこでも神出鬼没のとなりのじろろさん、瑞牆山にまでご縁があったとは、恐れ入谷の鬼子母神。
それにしても甲武信~の縦走とは。
若かったのですねえ。
農の里から瑞牆山の登山口までは、クリスタルラインで40分くらいかな。
落石が当たってもいいようなお車でお出でください。

No title

新緑の風薫るいい季節ですねえ。
二枚目の写真なんかとても素敵です。

農にも力が入る季節ですね。
新緑のドライブが軽トラとはなかなか実用的でいいです。
てっきり乗用車だと思っていました。

山梨では二月の記録的大雪は大変だったでしょうね。
そのせいか新潟辺りでは、積雪が少なくて記録的だったらしいです。

Re: No title

メイの家さん、この時期は外で過ごしたいものですね。
現職の頃、いつも皆で、そう言ってたものです。
二枚目の写真、もっと良い構図があると思うのですが、農作業中の人に遠慮しました。

今回、農作業として、自分たちで復田した田んぼ(現況は畑)を草防止のためトラクターで耕してきました。
軽トラでのドライブは燃費が良いのと、落石にあたってもおしくないからです。

雪が多かった割には、川の水は少なく、田んぼをやっている人は代かきに難渋してました。

No title

Shige Haru さん
こんにちは
いつもありがとうございます
ビニールハウス崩落は深夜までの除雪のかいもなく本当にめげました
でも苗がほぼ救えてやれやれ
それとShige Haru さんはじめ多くの方に励ましていただきました
大雪で気持ちがめげても人の暖かさに心は温かく助けていただきました
農業をしている限りはこれからも天候に左右される事が多々あると思いますでも頑張って生産していきます
本当にありがとうございました

Re: No title

ガーデンズスタッフさん、清里からコメントありがとうございます。
雪の重みとその被害、本当に自然は侮れないと実感しました。
でも、タイヤ交換用のジャッキを使って、少しとはいえ持ち上げるなんて、すごい知恵ですね。
苗がほぼ救えたことは不幸中の幸いでしたね。
これからも健康な苗を育てて行ってください。
以前いただいた苗たちも中井の畑などで元気に育っています。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック