初めての3連泊

7月21日(土)~24日(火)
今回、丸一山荘に初めての3連泊でした。
初日は雨模様なので、農作業を諦め中央本線・日野春駅に近い北杜市「オオムラサキセンター」を見学した。

P1040924.jpg

小学生が家族連れでいっぱい。

P1040919.jpg

「これは何の木?」
正しい名前の下足札を差し込むと扉が開く仕掛け。


P1040916.jpg

でも子供が熱心なのは、オオムラサキにじかに触れること。
ボランティアのおじさんが手に乗せてくれる。
6月下旬から今頃までが羽化の時期。


P1040923.jpg

夕飯は男の手料理で客人を歓待?

P1040928.jpg

牛肉の手巻きずし(レタスの代わりの葉物が堅かった)、黒豆サラダ(煮豆を使ったので少々甘かった)、ズッキーニのスパニッシュオムレツ(合格点か?)、味噌汁(手前味噌を入れすぎて辛かった)。
いただいた黒豆茶の香りがよかった。


P1040927.jpg

私の手料理に挑戦したい方はどうぞ。

田んぼはすっかり緑で覆われた。


P1040936.jpg

前回登場したオモダカ君。2週間前の花は今や実に。
これが落ちると来年発芽する・・・おおコワッ


P1040938.jpg

田んぼの畦を飾るヤブカンゾウ。
似た花に一重咲きのノカンゾウがある。
どこか尾瀬の湿原に似ている・・・いや失言でした。


P1040930.jpg

同じオレンジの花は、念場の畑で育成中のハナマメ。
高原の野菜です。
平地で育てても実はおろか花も咲かないそうです。


P1040945.jpg

こちらはレタスの花。
小さくて見えませんね。穂の先がみんな薄黄色の花です。
将来の花園は野菜の花も展示するのだ(予算の都合上)。


P1040939.jpg

神奈川の畑から移植したラズベリーの「マリング ディュライト」。
こちらに来て元気。百円玉より大きくなるとのことだがもう一歩。
食味がよいとのうたい文句だが、それほどでも・・・


P1040941.jpg

こうした雑多の花、野菜類が念場の畑の北側(画面左側)を占める。
7割の面積に黒豆を育成中。
畝間を雑草除去のためトラクターで耕したので土が黒々と見える。


P1040943.jpg

日本の国チョウに触れ、手料理に腕を磨き?、野良仕事に明けくれた(5時に作業スタート)4日間でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

3連泊お疲れ様でした!

お料理、写真では美味しそうに見えましたよ(^_^)
作業をしてご飯まで作るのは大変ですね^^;
花豆は勉強になりました。低いところでは花も咲かないなんて!
高原にしか咲かない綺麗な花もあるんですかね?
虫嫌いのせいで、植物について知らないことがたくさんありますf^_^;)
ブログを見て勉強させて頂きます☆

楽しい夕餉

おっ!なかなか美味しそうな料理が並びましたね。牛肉の手巻き寿司というのは、レタスの葉にご飯と牛肉をいれるのですか。なかなか面白そう。ズッキーニのスパニッシュオムレツは、いい形になりましたね。合格ですよ。

畑の緑が美しいです。花豆、私も、種を貰ったのに作らずじまいでした。来年はぜひ挑戦したいです。

Re: 3連泊お疲れ様でした!

写真だけだといいのですが・・・v-292
今後力を入れたい料理は、そば粉、黒豆、花豆、ヒマワリ(種)を使うもの。
ともかく沢山採れるので。

Re: 楽しい夕餉

料理はともかく、食べてみないと・・・
今後も紹介していきます。トライ・アンド・エラー。

花豆はともかく手がかかりません。
昔、野辺山で合宿した時に見て、綺麗だと思った記憶があります。
低地では絶対に作れないのもいいですね。

お疲れ様でした

こんにちは

男の手料理美味しかった!ですよ~
黒豆サラダ、ズッキーニのオムレツ
野菜にお肉のせて酢飯をのせて巻いて食べる
これがまた美味しかったで酢ぅ~

オオムラサキセンター行かれたとの事
まだ行った事なくて行ってみたいです
この辺に飛んでこないですかね・・・・

田んぼの緑青々の景色きれいですね
日本の風景って感じでもあります
地元の方の話によると昔は秋には田んぼでどこもかしこも一面黄金色でそれはそれは美しかったそうです

そろそろトンボも飛んでいます
夏は短くあっと言う間ですね

田畑のお手入れお疲れ様でした
また農場にもお立ち寄りくださいませ
お待ちしております







Re: お疲れ様でした

アプリコットさん、素敵な名前なので心ときめきました。
3品ともレシピ見ながらでした。

田んぼの景観は、人間の汗の結晶。
荒廃農地は人間世界の荒廃をみるようです。
あと10年はこの景観に貢献できるかな・・・

ドロナワ楽団の面々にもご活躍の様子伝えますよ。

あら('-'*)

ホントにお近くに来られるのですね。こちらも24日まで兄が畑の手入れに来ていました。オオムラサキセンターの前は時々通りますε=┌( ・_・)┘。が、見学したことはありません。今度行ってみようかしら?

きれいに手入れなさっているご様子。私は田畑には手を出さないよう誡めております(~-~;)。姑が元気な頃は畑も豆づくしだったようですが・・・。

オオムラサキ

国蝶ですね。僕は標本以外を見たことがありません。
北杜市には施設があるのですね。夏のイベントで寄れないでしょうか。
でも、食卓のワインの瓶が気なります。画像を500%まで拡大しましたが、銘柄がわかりませんでした。
赤ワイン、いいなぁ

Re: あら('-'*)

甲斐の国さん、皆さんには初登場ですね。
今回、オオムラサキセンターの次に藪の湯温泉の下見に行きましたが、よくよく調べたら近くを通っていました。
畑の草取り、皆さん期待していると思いますよ。

Re: オオムラサキ

となりのじろろさん、夏のイベント案として幹事さんに提案してみてください。
でもぶどう狩りと聞いているし、チョウチョは女性陣の賛同者いないのでは?

ワインですが、確か山梨県内の穂坂ワインとか。
どなたか山荘訪問者のお土産でした。

No title

仲間の熱意に煽られて、4日初参加させていただきます。
参加される皆さんほど草取りなど野良仕事体験に闘志を燃やして
いませんが、私もへっぴり腰ながら参加させていただきます。

最近、デジタル一眼レフの写真撮影を趣味に加えたところですが、
最近手に入れたマクロレンズで花々の近接写真(草取り等の
合間にでも)などもやってみたいと思いますが・・・・

楽しみにしております!

Re: No title

青ちんさん、山荘初登場お待ちしています。
現物にがっかりされないように。
夜は冷えますので長袖をお忘れなく。

マクロの世界撮影、期待しています。

No title

 明日は「こども科学環境教室」の本番です。
 本来はご招待しなくてはいけないんですが・・・

 18組の親子にラジオをつくろう!体験

 申込が殺到した人気事業になり、メールでの申込が120件
 電話申込・照会を入れると述べ150件以上が公式数字。

 双子の子供を持つ親子で、一方のこどもさんと親でお願いし
 ます・・・は、他の親子も同様の思いなので心を鬼にしました。

 というわけで、自然に癒されに伺います。

 

Re: No title

本日のOB会で、先輩から、丸一山荘を子供たちの自然教室として使ってみたいとの提案がありました。
ご参考までに。

No title

OB会の皆さんそろそろ子供に戻っている年頃ですから、丸一山荘での子ども自然教室?も、きっと喜ばれるかもしれませんね。

ところで、何がどう見やすくなったんでしょうか。
全体の構成、デザインとか・・・

ブログ参加者は、写真を貼ることが出来ないんでしょうか。
双方の輪が広がると思いますが。

余談ですが、
子ども科学環境教室、ラジオを作ろう!は150組以上の中から
スタートダッシュの良かった18組が全員参加して、17時まで
かかって全員ラジオを聴けました(ホッと安堵!)
 来年は鎌倉あたりのMでやりそうな感じでした。

Re: No title

青ちんさん、OBの教室ではなく、本物の?子供を集めて、自然体験させる教室です。

左右と真中と、3つのコラムにしたのです。
カレンダーも入りましたので、何日に記事があるかが分かります。

返信コメントに写真を入れるのはかなりハイテク?
html言語を使うのかな?

来年は鎌倉のMさんだけでなく、今年の厚木のAさんもと、毎年増えるといいですね。

No title

○ 毎回、楽しい農村通信員の報告に、微笑んでいます…ゾ!
  高地にしか咲かない実らない作物には、感心しました!
  近辺には、農村の真価を活かす新しい仕事を作るべく活動する  NPOがあるようですので、サイトをお送りしました!

    http://www.npo-egao.net/outline/index.html

○ 五輪会場は涼しいようですが、千葉は猛暑です! 
  丸一山荘は、おそらく別天地なのでしょう…ネ!
   盛夏にお邪魔したいもんですが、畑では雑草と格闘しています  ので、暫らくは離れられません…クー…!

Re: No title

賢ちゃん、NPO団体の情報ありがとうございます。
丸一山荘から車で30分くらいのところを拠点に、山梨県内で開墾から、子供の農業体験、食育、そして農村アートから、企業のCSR支援など幅広い活動ですね。
国や県との連携活動、受賞履歴などすごい内容です。
よほどのリーダーかとお見受けしました。
接触してみようと思います。

さんそう?

○「さんそう」と掛けて…①「山荘」と解く…答えになっていない!
  ②「三層構造」と解く…その心は、惨状の下界、苦しい現役の途   中過程、そして山上の極楽に至れり!
  ③「酸素」と解く…その心は、深呼吸して見たくなるような清々し   い空気に満ち溢れた空間の如し!
  ④「サン沿う」と解く…その心は太陽の召します儘に、朝星…夜   星…に沿って自然児の如くに依拠するもの也!
  ⑤「山荘」と解く…その心は、心ある者が汗した後には、「荘」厳   にして嬉しい事象が自ずと「山」のように満ち溢れるが故也!
 多少とも胡麻磨りの感も否めませんが、ご座興の一興に…!

Re: さんそう?

賢ちゃん、胡麻すりのダジャレ、いつもながらにありがとう。
本日、下界の暑さの真っただ中に帰ってきました。
山荘の涼しさは何よりです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック