山里の大祭

借りている畑は、人口1万人ほどの足柄上郡中井町にある。
4月29日、畑を途中で切り上げ、町内の五所宮八幡宮の大祭に行った。
4つの集落がそれぞれ保有する4台の山車が繰り出される。


でも山車、私が住みついた最初の春に20数年ぶりに復活したもの。
山車はその朝に飾りつけられる。
復活の年、経験者が記憶を頼りに組み付け方を指示していた。
(以下の2枚:復活の1976年4月29日)

PICT0073.jpg

PICT0004.jpg

今回はそれ以来の見物で、38年ぶりとなる。
山車が真新しいように美しい。
塗り替えたのだが、その費用が大変だったと。

P1010411.jpg

もう一つ変わっていたこと・・・女性が目立つ。


P1010413.jpg

2時ころから雨が・・・
幟?と障子づくりの屋根を外し、丸ごとビニールで囲う。

P1010417.jpg

そしてお旅所(祭典場)に向かう。
街の角々では、棍棒を旨く操って山車を回転させる。

P1010426.jpg

夕刻、お旅所では神輿も合流し、優雅な鷺の舞が演じられる。
(これらは来年、紹介することにしよう。)
山車に灯が入ると一層美しい。

P1010458.jpg

P1010456.jpg

お旅所での神事が終わると山車は「曳き分かれ」の旭橋に向かう。

P1010448.jpg

橋の手前で、クライマックスとなる神輿の「川入り」を待つ。
この頃になると、50以上並んだ露店も店じまい。
中井町に住んだ8年間、そして畑をやり続けてきた38年間の感謝の思いがこみ上げる。


P1010452_20140430090329061.jpg

山車の笛と太鼓の音は21時すぎまで途切れることはなかった。
普段は静かな山里の、集落挙げての雅な祭。
中井町っていいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祭り

祭りはいいですね 笛と太鼓の囃子に心が湧きあがります
我が地区には立派な山車は見当たりませんが それでも心がはやります
二年前祭り男が他界しました 同い年の従兄弟でした
出棺は祭囃子で送り出しました
長男の意向でした

Re: 祭り

yukiさん、祭はそれでなくともわくわくしますね。
祭り囃子での出棺、参列の皆さんはびっくりなさったでしょうえ。
でも、故人への最高の手向けですね。
中井のお祭りも、祭り好きの皆さんによって連綿と続いているのでしょう。

No title

中井町にこんな立派な山車が出る祭りがあったのですね。
38年前の写真もしっかり残されていて、これを導入部に使うことにより内容に深みがあり、今回もすばらしい構成です。

町おこしにはこういう地域の人達の努力によるところが大きいですね。
いつまでも続けて欲しいと思います。

No title

僕も中井町にこんなお祭りがあることを知りませんでした。山車が4台、町内会対抗のようなロケーションは、いつぞやの烏山の祭礼と似ていますね。
どこであっても、伝統文化の承継に注ぐ汗と努力には、それを映す光以上の輝きを感じます。

Re: No title

メイの家さん、そうですね中井町は知られてない町の一つです。
でも地名にも雅なものがあったりして、中央とのつながりがあったのだと思います。

昔の写真を活かすことを考えています。
時の経過から、新しい発見みたいなものが出てくるといいなと思っています。

4つの集落の人たち、そしておそらくお祭り好きの助っ人たちによって支えられています。
38年経っても、本当に暖かな空気が漂っているお祭りでした。

Re: No title

物知りのとなりのじろろさんでも知らないお祭り、ちょっと嬉しいな。
そうでした、烏山と同じですね。
山車の意匠は皆違います。
集落によって資金の潤沢さも当然違います。

お祭りの日の午前中、となりの畑のおばあちゃんが言ってましたが、
この日には、その集落にある親戚を訪ねるのが習わしだっと。
でも、足腰が悪くなって、今年は行かないと・・・
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック