焼き筍と新茶

川崎市の生田緑地の近く、友人宅の竹林で筍掘りをさせてもらった。
昨日からの雨も上がり、筍堀りには絶好の日和である。

P1010376.jpg

筍は竹の地下茎から生えている。
その生え際にスコップの先を入れて、テコの原理でグイと掘り起こす。

P1010374.jpg P1010372.jpg

筍の頭が地面から出るかどうかの頭が黄色いのが最高級品。
柔らかくて、アクが少ないのだ。


P1010375.jpg

誘いを受けた二軒で、合わせて大小60本程度を収穫。
そこで、帰路、あちらこちらにお裾分けして回る。


P1010379.jpg

さっそく、米ぬかと鷹の爪で茹でる。
当分、筍づくし料理が続くことになる。

P1010382.jpg

小ぶりのもの、いくつかを焼き筍にした。
皮が付いたまま250度のオーブンで1時間ほど焼くのだ。
これを縦に二つに割り・・・


P1010383.jpg

湯気が立っている熱いのを食する。
茹で筍とは違う食感と香ばしさ、えもいわれぬ美味しさである。

P1010388.jpg

ところで、女性陣は筍掘りより茶摘みに夢中だった。

P1010370.jpg

一芯二葉といって、芽が出たばかりの若芽を摘む。
これを電子レンジにかけて炒ると、新茶の香り、まろやかさ。
何とも甘露なり。


P1010371.jpg

筍掘りのお誘いは今回で5,6回目になろうか、掘るコツはほぼマスターした。
友人と自然の恵みに感謝。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

焼いた筍は最高です 私は熱々を生醤油で食べます
女房の実家に孟宗竹の林があるんですよ 旬に頂くんです
茶葉はコメントできません ごめんなさい 分かりません<(_ _)>

Re: 筍

yukiさんは掘らなくても毎年手に入るようで、よろしいですね。
そちらの地域では根曲がり竹などの筍も手に入るのでしょう。
ともかく、焼いたのは美味です。

お久しぶりです。
東京のコンクリートジャンルに通勤してると、こういった風景が懐かしいです。

2014 4月 筍掘り・茶摘

22日(火)の筍掘りと茶摘、楽しかったですね! 
体調よし、お天気もちょうどよし、気のおけないお仲間と近郊の里山でほどほどの農作業。(男性陣はかなりの重労働だった?)
始める前から楽しさは約束されていたようなものでしたがそのとおりとなりました! 
武さんの奥様と私は茶摘を。 これは先日の限りではそれほどむずかしくありませんでした。広い空のもと、手も口もよく動きました。
比較的短時間で沢山の筍がとれ、Kさん奥様の大変おいしい手てづくりのお昼もごちそうしていただき、ただただ楽しい半日をすごさせていただきました。 沢山の筍はご近所に配り大変喜ばれました。
農家の方の、自然を相手にするご苦労もしのばれ貴重な経験ができました。  Kさん、武さん、ありがとうございました。 <Y>

Re: タイトルなし

Kazuさん、東京への通勤、おいたわしいです。
でも東京って、公園とか庭園とか、人工ではありますが意外と緑が多い街です。
でも、慌ただしくて、なかなか落ち着けませんね。

ところで、ブログの再開はいつになるのでしょうか。
首を長くして待ってますよ。

Re: 2014 4月 筍掘り・茶摘

ヤマノ<Y>さん、初コメントありがとうございます。
晴れ上がった空の下、茶摘みのお二人、会話が弾み楽しそうでした。
筍掘りは、柔らかい所を探して楽して掘れました。
汗をかいた後の筍ごはん美味しかったですね。
竹林、もっと手を入れて行かないといけないのですが・・・

No title

もう、筍が掘れるんですね。羨ましいです。
こちらは、去年、筍が不作でした。何処もです。
まったくと言ってよいほど獲れませんでした。
「今年はどんげなんろ。」と、今、話題になっていました。
でも、そちらの豊作ぶりを見てほくそ笑んでいる私です。
そろそろ、ぜんまいも採れる気候ですね。
山菜は美味いです。

Re: No title

なおちんさん、筍は今が盛りで、スーパーにもたくさん出回っています。
今回の友人宅では竹が繁殖しすぎるので、苦労しています。
昨年、そちら越後が不作とは知りませんでした。
今年は豊作になるといいですね。

ゼンマイは1週間ほど前に、畑の近くでたくさん採れたのをお裾分けしてもらったばかりでした。
その畑ではこの1カ月ほど、栽培のタラノメを収穫しています。
自然の恵みに感謝です。



春本番

生田緑地の近くにこんな竹林があったんですねぇ。
そういえば、昔一億円がでてきたのは、川崎の竹林だったかもしれません。
いい筍ですね。これは日本酒のさかなにピッタリですね。
新茶もいいですね。
夏も近づく八十八夜・・・・。

おいしそう

新茶もよいですが、やはり新物の焼たけのこはおいしそうです。
やわらかく、それでいてほどよい固さの歯ざわりがなんとも。
自宅周辺では飲み屋にでもいかなければ味わえない春の味覚ですね。うらやましいです。

Re: 春本番

メイの家さん、この辺りは古墳があったり、放置された竹林があったりしています。
1億円さわぎ、結局落とし主は出なかったのでしたね。
筍、名前のように旬を味わう、日本人の特権ですね。

お茶は、今年は摘むのが早くて新芽が小さく、女性陣、骨がおれたそうです。

Re: おいしそう

となりのじろろさん、筍の神髄はあの食感ですね。
それを味わうにも焼き筍は一番。
帰り路、おすそ分けにお寄りしようかと思ったのですが、ご迷惑かとも・・・
次回は、置いていきますよ。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック