磯子プリンスの栄枯盛衰

かつて、自宅の近く、磯子の丘の上に横浜プリンスホテルがあった。
私たちは磯子プリンスと呼んでいた。
2001年にはバラ園や温室を併設し、顧客離れを食い止めようとした。
(2002年5月撮影)

2002.5バラ園-026

その際に、系列のマンションに専用のエレベータを設け、ブリッジを
架けてホテルと繋いで、JR磯子駅からの顧客の便を図った。
(2000年10月撮影)

2000.10橋建設-024

然し、2006年あえなく廃業となり、ホテルもブリッジも解体された。
跡地は売却され、今度はマンションの建設工事が行われた。
(2013年5月、自宅から撮影)

2013.5マンション建設-027

そして、3月1日、グランドオープン。
今回は、崖の中を縦、横に掘りエレベータで丘に上がるようにした。
国道に面したその入口である。

P1000820-010.jpg

しばらく行くと、改札ゲートがある。
住民でなくともSUICAを使えば通れる。50円なり。
エレベータまでは30メートルほど歩く。SFの世界に迷い込んだよう。

P1000822-012.jpg

丘の上にはマンション13棟(計1,230戸)と広大な緑地空間。

P1000833-023.jpg

その一画に1937年完成の旧東伏見宮邸が保存されている。
戦後、皇室離脱させられた宮家が土地ごと西部グループに売ったもの。
ホテル時代は迎賓館のような形で活用されていた。


P1000813-003.jpg

今後は、和食の鉄人「中村孝明」の懐石レストランとして活用される。
天ぷらの昼食セット(左)2000円、天丼(右)1600円なり。(消費税別)
開店して、まだ7日目、従業員がぎごちない。


P1000838-003.jpg P1000837-002.jpg

この建物、鉄筋コンクリート3階建て。
吹き抜けの天井の意匠は外観とはかけ離れたモダニズムが・・・


P1000839-004.jpg

宮家の土地を買い取ってホテルにしたので、プリンスホテル。
買い取った土地を担保にまた土地を買い集めていった。
市の歴史的建造物となっている旧宮邸が残ったのがせめてもの救い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エレベーター

丘の上のマンションにはエレベーターで上がるんですかぁ
高級マンションの様に見えますが どういう方々が入るんでしょうか
我々が済む社会とはかけ離れて見えます (^-^;

No title

このマンションは新聞のチラシによく入ってきましたので、承知はしていました。
私は不動産のチラシのチェックだけは欠かさないんです。笑

価格は4000万円台が中心だったと思いますが、私に買える値段ではないですけど、ここでこの値段ならちょっと安いかなと思いました。
実際にいかれたんですね。
エレベータを50円で一般開放とは考えましたね。
これで維持費がねん出でき住民の負担が減ります。

Re: エレベーター

yukiさん、丘の上の団地には、崖に沿う斜めのエスカレータが多いです。
エレベータは初めて見ました。
駅に近いが値段も高いので販売は苦戦しているようです。

Re: No title

メイの家さん、まだ完売できず盛んにチラシが入ってきます。
実は、この丘の上では、40年以上前に建設した社宅アパートが再開発され、続々と大型マンションが売りに出ているので激しい販売合戦中です。

部外者のエレベータ利用がどのくらいあるか、いつか聞いてみます。
私と同じ棟の方で、このマンションに引っ越して行った方にでも。

マンション

プリンスホテルが無くなって寂しいですが、迎賓館だけでも残ってよかったです。大規模マンションだと町が一つできたような感じがします。
エレベーターが出来ても一般人は利用出来ないと噂がありましたが、Suicaで利用できるんですね。今度利用してみたいと思います。
それにしても、こんな絶壁によくエレベーター作りましたね。

宮邸

あの宮邸は鉄筋コンクリートだったのですか・・・
大きな建物ということはわかっていましたが、屋根の形状などから木造だとばかり思っていました。

エレベーター、面白そうなので今度乗りにいってきます。

Re: マンション

べんべんさん、迎賓館はプリンス廃業の際に一般公開が一日だけあり、その際に入ったことがありました。
レストランに改造ということで内部はかなり変わってしまいましたが、吹き抜けとその階段は昔の名残を残しています。
エレベータの工事はどのようにやったのか、興味深いです。

Re: 宮邸

となりのじろろさん、鉄筋コンクリートなので窓ガラスも鉄製です。
窓の周囲、部屋側に隙間風よけのゴムが張り付けられていました。
屋根には瓦?(材質は分からなかった)が乗っています。

エレベータ、4機もありますよ。

No title

◎ 懐かしい地、磯子の昨今をお知らせ頂き、嬉しい限りです。地方に疎開した身にととっては、一滴の清涼剤の潤いの様に、清々しく、優しい心遣いでありまして、その一語一句にスッカリ浸りきり、只々、感謝を申し上げる次第です。
◎ ホテル文化の価値とは、日常では評価し辛いものでしょうが、野蛮な場所や極端な場所を旅する際には、ホテルとは身の安全を得る救いの場所であり、現代都市におけるコミュニティのオアシスとしても重要な場所、磯子プリンスは、我が家にとって、そうでした。
◎ 此処のパンが好きだった「某先輩」も逝去されました、合唱…!

Re: No title

賢ちゃん、懐かしんでいただいたなら、もっと磯子の出番を多くしましょう。
磯プリは、家族のお祝いの会などでレストランを活用していました。
そのホテルが、廃業末期には修学旅行生の宿になっていたのは居たたまれませんでした。

おいしいので、うちでも時々パンを買っていましたが、某先輩とは私の知らない人でしょうか。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック