愛しの青ガエル

今回は、鉄ちゃん界では有名な「青ガエル」のお話し。

東急渋谷駅のハチ公口に、そのニックネームの電車が置かれている。
1954年(昭和29年)から80年まで東横線で運用された東急5000系。
左目(窓)の上に「5001」とあるように、栄光の1号車。

P1020315-001.jpg

話は4年ほど前に遡る。(撮影2010年4月、北熊本駅他)
仲間はほとんど死に絶えたが、熊本郊外で2匹だけ生きている。
「吾輩は5101A、もう一匹には5102Aと、無粋な番号が付いている。
でも東急時代は吾輩は5031で、Aが付いたのはATS化の印だそうじゃ。

P1010643-001.jpg

「吾輩の腹の中じゃが、東急時代のままのロングシート。
吊り革には109の宣伝まで残っているのだ、エヘン。
吾輩はこのとおり1匹だけで走っとるぞ。(1両編成)

P1010646-008.jpg

「今日もまた、物好きが吾輩に乗りに来ちょるな。
少し揺れるが我慢してもらおうか。
景色は何ともない住宅地ばかりじゃが、緑は多いぞ。


P1010657-005.jpg

「おやおや、さっきの物好きたちはどこへ行ったかと思っとったら・・
危ないからあまり近寄ってくれるなよ。ピーーー。


P1010696-002.jpg

「おやおや今度は吾輩の皮膚まで写すのかい、辛いのう。
1957年生まれの吾輩だ、あちこちガタがきてなァ。

P1010649-006.jpg

さらに、話は50年ほど遡る。(撮影1961年元旦、桜木町駅)
若かりし頃の青ガエル5030。そう、熊本の5031と1番違い。
東急の花形路線を急行としても走っていた。

PICT0418-001.jpg

さらに、話は3年遡る。(撮影1958年5月、横浜・高島台)
写真の右方向に横浜駅、左に青木橋。
青ガエルの運行開始はその前年なので子供達には珍しかったのでは?


PICT0119_20140127120408736.jpg

古いアルバムの中に、愛しの青ガエルが2匹も写っていたのは感激。
熊本まで会いに行ったのは小学生時代の原体験のなせるわざかも。
青ガエル君、今年で引退との噂が心配だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

青ガエル

じっと見つめていると本物の「アオガエル」に見えてくるから不思議(笑)
レトロですねぇ しかも現役とは・・・
でも私よりまだ若い 私は引退しけど
青ガエル君の心境は如何に?

セピアな写真

僕の生まれる前の桜木町ですか・・・ ちょうど母親のお腹にいた頃です。並んでいる学生はもしかして・・・
しかしセピアな写真ですね。当時から高架だった先進的な駅の雰囲気が左側に映る道路から感じ取れます。
さらに遡った高台からの写真、手前の黒髪の頭がまた味があるのですが、その先の電車よりも、今はもう見られない広い横浜港が感動的です。

Re: 青ガエル

yukiさん、昔の電車は個性的ですが、中でもこの5000系はぴか一です。
大切に使えば、長持ちするものですね。

私が子供時代に乗った電車が熊本で走っているというのは不思議な感じがします。
偉いとしか言えません。

Re: セピアな写真

となりのじろろさん、そうです私が小学6年生と3年生くらいです。
東急の桜木町駅は今ではありませんね。
電車の編成車両数が増えて、横浜寄りのホームが伸びるにつれ、その幅がどんどん狭くなっていきました。
高島台からの景観も、三菱の造船所が写っていますが、今やMM地区となりました。
船ものんびりと写っています。
貴重な歴史写真ではないでしょうか。

No title

まぁまぁ貴重な青ガエル君を。昔の電車は風情がありますね。
私が高校性の時、土曜日は昼時に走る蒸気機関車に飛び乗ったものです。何せ、開いたままですから・・・少々動いていても平気でした。線路を走っても何も言われませんでした。懐かしいです。

Re: No title

なおちんさん、高校生のときにSLが残っていましたか。
私は小学生の時、母の実家に泊りに行く際の御殿場線で時たま巡りあうくらいでした。
父と母は、その線路を二駅歩いたこともあるそうです。
鉄橋が怖かったと話します。

ロートル

この車両は、私は東急の電車とバスの博物館で見ました。
以前は、高津駅にありましたが、その後宮崎台駅に移転したんだったかな。
子供が小さい頃に何度も何度も行きました。
でもまだ現役で走っている車両があるんですね。
ロートルですが、私もまだまだ頑張らないといけません。

Re: ロートル

メイの家さん、使い勝手の良い電車は、あちこちで重宝されるんですね。
この青ガエルは、その典型的なものなのでしょう。
人間も同じです。
いつまでも必要とされるのは嬉しいものです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック