100均、恐るべし

100円均一のお店、安くて時々利用する。
その商品に「プラ電車」(ダイソー社)という鉄道おもちゃがある。
息子らも遊んだ「プラレール」(タカラトミー社)の類似品である。

トンネルを疾走するC11型蒸気機関車。

P1000220-002.jpg

N700系新幹線の雄姿。

P1000224-005.jpg

E231系山手線電車がホームに停車。
いずれも3両連結で、中間車両にモーターと電池が組み込まれている。
100均なので1両が100円。先頭車も動力車も同じ100円。(税別)。

P1000229-007.jpg

で、3編成にホームやトンネル、線路そろえても2000円ほど。
もちろん中国製。JR各社の許諾も取得済みというから、ヘェー。
でも、脱線もしないで良く走る。

P1000230-008.jpg

線路わきで通過する電車を楽しんだ、あの頃・・・
顔を近づければ、そのドキドキ感が蘇る。(写真は、私ではありませんよ。)


P1090974-010.jpg

価格破壊とはこのこと。
政府はインフレ指向だが庶民は安いもの大歓迎。
でも、野菜などは高くとも地元のものを買う。


追伸(1月14日24時)
誤りが2か所ありましたので本文を修正しました。となりのじろろさんのコメントで気づきました。
一つは、プラレールを扱っているのはタカラトミー社でした。
もう一つは、100円なのは、1編成ではなく1両でした。こちらは今日、買い足しに行って気づきました。
その買った人形を新幹線車両に乗せた1枚です。これでご勘弁を。


P1000254.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

凄い!

思わず調べてしまいました。
「プチ電車シリーズ」と呼ぶようです。すでにたくさんの人がプラレールとの融合などを試して評価されてますね。
線路も青くないので、写真を拝見する限り本家よりも実物的に見えそうです。新幹線は筐体を外すとちゃんと座席があり、乗客?を乗せることができるとか。
う~ん、タカラトミーさんの経営が心配です。

No title

一番下の写真には笑いました。
鉄道好きの息子は、いつもこうやってプラレールを見ていました。
ダイソーでもこういうのを出しているんですか。
こりゃバンダイも大変だ。
でも価格破壊は嬉しいし、どう考えたらいいんでしょうね。

野菜

野菜はやっぱり国産を買います
女房は時折 安さに負けて某国産を買ってきますがね
100円均一のお店 いいですよねぇ
見て回るだけでも楽しくなります (^.^)

Re: 凄い!

となりのじろろさん、本当に凄いのです。
プラレールよりも線路幅が少し短いのですが、車輪をいじってプラレールの線路上を走らせることができるのだそうです。
新幹線に限らず、在来線の車両でも人形を座らせることはできます。
山手線はロングシートですよ。
その人形を、これから伊勢佐木町のお店まで買いに行きます。
タカラトミーでしたか。
ブログ修正しておきます。

Re: No title

メイの家さん、一番下の写真いいでしょ。特に、足が。
最近のおもちゃは高い。
プラレールも車両をそろえていくとなると。
でも、車両の機種の多さ、線路のはまり具合などはプラレールの方が上です。
この先、両者の対決はどうなるか。

Re: 野菜

yukiさん、野菜を作っていると分かります。
こんな値段では農家やってられないだろうとか。
100均の会社、増えましたね。
この先、どんな物が出てくるか、楽しみであります。

No title

キャンドゥやダイソーにはチョクチョクお世話になっておりますがみたことがないので驚きました。一編成100円は信じられませんねぇ。まだまだほかにもあるかも知れませんね。気をつけて店内を見回りましょう。

Re: No title

青ちんさん、ダイソーでも大きな店舗にしかこの電車は置いていません。ザキのお店です。
実は、一編成ではなく1両が100円でした。
今日、買い足しに行って誤りに気が付きました。

時計が100円などもあったと思います。
恐ろしい世界です。
でも、いくら安くとも口に入れる物だけは買う気になりません。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック