安全と安心

先週の火曜日と同様に、きょうも冷たい雨。
ブログネタ探しに出かけるのも億劫なので、昔の写真ネタで・・・


1961年6月、中学校の高尾山遠足。
頂上から望むのは津久井湖と思われる。
相模川を堰き止めた人造湖で、県民の大切な水道水源の一つ。


PICT0457.jpg

頂上からは、津久井湖のすぐ上流に位置する相模湖に下った。
東京オリンピック(遠足の3年後に開催)のボート会場になると聞かされた(かすかな記憶がある)。


PICT0463.jpg

2003年6月7日(土)、相模湖の水質検査でトリクロロエチレンという化学物質が検出されたとの緊急連絡が入った。
早速マイカーを飛ばして再確認のため現地での採水を実施。
翌日の夜、その分析結果を待って、その後の対応策を協議。
その間、中井の畑作業に行き、S先生宅で昼食をとっている。
(写真:当日の手帳から)

P1060743.jpg

再分析でもトリクロロエチレンが確認され、およそドラム缶1本分が流出したと想定された。
検出値は環境基準(水道水基準も同値)の半分の値であり、飲み水としては浄水処理もされるが、この物質が検出されたのは相模湖では初めてということもあり真剣に取り組んだ。
上流の山梨県側でも調査が行われたが原因は分からず仕舞いであった。
(写真:当日の採水の様子)


PICT0386.jpg

現在、豊洲市場のベンゼン等の地下水汚染が問題となっている。
ベンゼンもトリクロロエチレン同様に発がん性などがある有害物質。
でも、その地下水は人間の口にすることはない。

なお、ベンゼンと混同されやすい化学物質に写真のベンジンがある。
ベンジンはガソリンに似た性質の化学物質でカイロの燃料や染み抜き剤として用いられる。


P1060744.jpg

水道水源での有害な化学物質汚染には敏感でありたい。
ベンゼンの大気中の濃度にも敏感でありたい。なぜなら、つい数年前まで県内の一部地域では環境基準を達成していなかった(原因は、主にガソリン中の微量なベンゼンが排気ガスとして排出されるから)。
生鮮食料品を扱う市場は、その空気中(地下水ではなく)のベンゼンなどが環境基準以下であるかに意を払いたい。
ガソリンターレ(運搬車)を使えば、屋内にベンゼンが滞留する。
豊洲では築地と違って、ターレは電動にするようだが。
完全な安全と安心はない。化学物質には、正確な情報をもとに冷静に接したい。
スポンサーサイト
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック