新しき村の今

1918(大正7)年、理想的社会づくりを目指し武者小路実篤は宮崎県に、そして1939(昭和14)年には、埼玉県毛呂山町に第2の新しき村を建設した。

P1060623.jpg

毛呂山町の新しき村の入り口。
きれいに刈り込まれた茶畑が訪問者を出迎える。


P1060622.jpg

お茶、椎茸と並んでコメ作りが主な産物。
米はミルキークインというから農の里と同じ。
この理想郷にも住宅団地が迫ってきているのはご時世だ。


P1060637_201702172152493c0.jpg

紅梅と、あと1月で咲き出すコブシの古木。
村民は桜の季節には集い、花見に興じてきたという。


P1060625.jpg

でも、高齢化し、現在、村に住んで農業を営んでいるのは十数名。
生産の柱だった鶏卵もやめた。
井戸用のポンプだろうか、放置されたままになっている。


P1060628.jpg

かつては幼稚園として使っていた都電も深く眠りについている。

P1060643.jpg

耕作放棄地にはお決まりの太陽光発電パネルがそこかしこに。
この労せずお金を生むシステムを故実篤氏はどう見るのだろうか。


P1060636.jpg

時折の訪問者の目的は、1980(昭和55)年完成の「新しき村美術館」。

P1060632.jpg

実篤氏の書、絵画などの遺品が展示されている。(写真:入場券から)

P1060652.jpg

新しき村は戦後すぐに財団法人化された。
衣食住完備、給料制で、義務労働以外は自由に過ごす。
それでもこの理想郷づくりが広まることはなかった。
スポンサーサイト
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック