泉平のいなり寿司

きょう2月12日は今年の初午(はつうま)の日。
この日は稲荷信仰では狐の好物の油揚げを使ったいなり寿司を食べる風習があるそうだ。


P1010788.jpg

馬車道の入り口交差点角にある泉平(いずへい)。(写真:2015年1月)
ペリー来航より前の1839年創業という横浜きっての老舗。
いなり寿司とかんぴょう巻だけで勝負という潔さも特筆。


P1000936.jpg

これは真空パックされた「味付けいなり」。
秘伝の汁で煮た油揚げが入っている。
酢飯を詰めるだけの手軽さで老舗の味を味わえる。

P1060606.jpg

そのまま使えば細長い俵型のいなり寿司となるところ、お揚げを半分に切ってしまった。
そのため、出来たのは・・・


P1060615.jpg

俵型ではなく、三角形のおいなりさん。
我々に馴染みのあるのは俵型だが、関西では三角形だそうだ。
狐の耳の形が三角形だからと。


P1060620_20170212203503927.jpg

ところで、きょうは中井の畑に行ってきた。
藤沢警察署前を通って海岸道路(国道134号線)に出る。
その途中の民家横のお稲荷さん。集落で建てたものだろうか。


P1060608.jpg

そして、海岸のすぐ手前にあるのが鵠沼伏見稲荷神社。
垂れ幕に、きょうは初午祭とあるが何の行事なのか。
まさか、いなり寿司を配るのではないだろう。

P1060609.jpg

本殿横に奥宮があり、その参道には朱の鳥居がズラッーと。

P1060611.jpg

この鳥居、25万円で奉納できる。
アクリル製なので、たたくとポンポコと鳴る。


P1060613.jpg

稲荷神社にお参りし、いなり寿司を食べた。
ローソンが初午に合わせていなり寿司を売り出しているそうだが取材し損ねた。
スポンサーサイト
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック