浦賀のこて絵

ペリー来航の地であり、回船業と干鰯取引で栄えた浦賀には「こて絵」が多数残っている。
(本ブログのカテゴリ「こて絵」も参照下さい。)


P1030931-001.jpg

湾を挟んだ東西に叶(かのう)神社がある。
源氏の再興を祈願し、それが叶ったので叶神社。こちらは西叶神社。

P1030922.jpg

その社務所玄関上の壁一面が童子を描いた漆喰細工となっている。
伊豆の長八と並ぶ左官職人、三浦の善吉・石川善吉、昭和5年の作品。


P1030898-011.jpg

西叶神社を南に下ると川間町内会館。
その1階と2階の軒下に善吉の息子・市川梅尾、昭和34年の作品。
1階には、色彩が施された松竹梅と鶴亀が描かれ・・・


P1030914-006.jpg P1030913-008.jpg

2階には、頭をもたげ、眼光鋭く鳳凰が羽ばたいている。

P1030912-007.jpg

市営の渡し船で、湾の東に移る。
船着き場から近い高台に、こじんまりと法幢(どう)寺がある。
陽だまりもあって、梅の古木がすでに満開だ。

P1030943-009.jpg

本堂の正面外壁。
手前の龍の彫り物もすばらしいが、その奥の壁にご注目。


P1030940-010.jpg

岩田辰之助、徳太郎兄弟、大正15年の作。
魔よけの神獣である唐獅子が2体、左右に描かれている。

P1030936-003.jpg

何かユーモアを感じるのは私だけでしょうか。

P1030938-005.jpg P1030937-004.jpg

同じく、東浦賀の八雲神社に善吉、明治35年の作品。
(この写真のみ2011年1月撮影)
御参りする場所を向拝と言うそうだが、そこにあるので「向拝の龍」。
普通なら木を彫るところを、漆喰で・・・感嘆するばかりである。

P1020544 八雲神社の「向拝の龍」の鏝絵

どこか遠くの町に来た錯覚にとらわれるのが浦賀の町である。
赤い電車に乗ってタイムスリップしよう!
潮のかおり、歴史ただよう浦賀でワンデートリップ!
スポンサーサイト

洋ラン

リビングに入れていた洋ランが満開になった。
デンドロビウム・ノビル系と言い、その中でも原種に近いもの。
花屋に出回っている品種と違い、茎は細く、花も小ぶり。


P1030883.jpg

でも、株いっぱいに咲き、桜を思わす色合いも好きだ。
花芯に濃色の模様が入るのがデンドロビウムの特徴。


P1030877.jpg

この株、何十年も育てているものだが、いつからかが不明だった。
そこで、電子化してある古いネガを全部見直してみたところ・・・
見つけた!1981年11月のネガに写っていた。花も少し付けている。

PICT0186.jpg

中井町に住んでいた時で、前年の7月、温室を建てていた。
3坪(10平米)の温室で、知人宅にあったものを解体、移設したもの。
その温室で、このランを育て始めていたのだった。

PICT0073_2016012313111988a.jpg

その温室、解体の前に、要所の写真を撮っておき、それを見ながら自力で組み立てたもの。

PICT0017.jpg PICT0008.jpg PICT0016_20160122210836dc2.jpg

現在は、庭に鉄のアングルで1坪(3.3平米)のフレームを組み、寒冷紗(風や寒さを防ぐ農業資材)で囲って育てている。
開花の時期だけ、鑑賞のためリビングに取り込むのだ。

P1030884-001.jpg

でも、この品種、寒さに強く、一年中こんな形で吊るして、水もやらずにいても枯れることはない。ただ、花の数は少なくはなる。

P1030887-002.jpg

この株、買ったものとばかり思っていた。
今回、温室を譲ってもらった際に、この株を戴いたことを思い出した。
その方、酒を飲み過ぎて数年前、60そこそこで亡くなった。合掌。

野毛山動物園

車の定期点検を待つ間、野毛山動物園で時間をつぶした。
申年にちなんで、猿の写真を撮ろうとの魂胆もあった。


P1030871-012.jpg

横浜市民にとって古くからの憩いの場、野毛山動物園。
金沢区に新しい動物園ができた際に廃止の話が出たが、市民の反対で存続された経緯がある。

P1030865-010.jpg

野毛山に居る猿の仲間は、全部で6種類。
その一つ、チンパンジーは子供達の人気が高い。

P1030841-006.jpg

20歳のオス、コブヘイ君。
飼育係に育てられたので人間と遊ぶのが好きとある。
だが、手を振ったりしても、遠くを見つめるだけ。

P1030833-003.jpg

フサオマキザル。
ニホンザルより小型で、きゃしゃである。
金網越しのため、他の猿は、さらに写真にならなかった。

P1030850-008.jpg

ところで、動物園前の道路につり橋が架かっている。
竣工は1971年、デザインは柳宗理(2011年没)と説明板にある。
職人の手仕事の美(民藝)を見出した柳宗悦の長男である。

P1030860-009.jpg

宗理は橋からキッチン用品までの工業製品のデザイナー。
ステンレス板をプレスで穴を開けたザルも、彼のデザイン。
目詰まりのしにくさ、持ちやすさなどに定評がある。

P1030873-013.jpg

もう一つ自宅にあるのが、ステンレス製の片手なべ。
注ぎ口は二つあり、蓋をずらすと隙間が調節できる。
シンプルで機能性が高い宗理の製品たち。


P1030874-014.jpg

動物園は入場無料、乳母車を押したお母さんが多かった。
野毛のつり橋とキッチン道具、いずれも「用の美」

三渓園界隈

冬の陽射しに誘われて三渓園に出かけた。
自宅から徒歩で1時間半。
マガモやキンクロハジロがゆったりと浮かんでいる。


P1030807-004.jpg

内苑にある臨春閣も、人はまばら。
500年近く前のこの建物、紀伊徳川家の別荘だったとされている。

P1030805-003.jpg

建物の裏手、冬枯れの中にヤブツバキとアオキの赤が目立つ。
時折、鳥の羽音。これらを狙うヒヨドリだ。

P1030803-001.jpg

P1030804-002.jpg

バス通りから三渓園への桜道沿いに「亀の子石」がある。
網にかかった亀が石になったもので、たわしで喉(のど)をこすると喉の病が治ると信仰されてきた。

P1030809-005.jpg

同じ桜道、お寿司屋さんの店先に「赤い靴の少女像」。
全国各地にある「赤い靴の少女像」のリストに入ってない。
(赤い靴の少女像に関する私のブログ①は→こちら
ブログ②は→こちら


P1030811-006.jpg

ひばりのなんとか看板と〒ポストに挟まれて・・・寂しげ。

P1030812-007.jpg

これまでに何度も通った桜道。
のんびり歩くと新しい発見があるものだ。

新年を迎える

大晦日の晩、最寄りのJR磯子駅から乗車し、次の新杉田駅で下車。
駅前の国道16号を渡ってすぐの所に東漸寺がある。
1301年築の釈迦堂は、禅宗の古い様式を今に伝える。


P1030747-001.jpg

1298(永仁6)年鋳造の「永仁の鐘」は国の重要文化財。
(2枚の写真は、前日の昼)


P1030749-001.jpg

23時ちょうどに除夜の鐘が始まった。
といっても、撞くのは永仁の鐘のレプリカの方。
住職、檀家総代?に続いて、われわれも1回ずつ撞かしてもらえる。

P1030754-001.jpg

撞いた人への甘酒の接待が嬉しい。アルコール分なしで、かなり甘め。

P1030758-003.jpg

古い卒塔婆を焚きあげているが、暖をとるほどの寒さではない。

P1030763-005.jpg

続いて、京急・杉田駅の先の熊野神社に向かう。
0時きっかりに神主の打つ太鼓が響き、列が動き始める。
と、同時に沖合に停泊中の船の汽笛が「ボー、ボー」と。


P1030771-007.jpg

近づいて分かったが、社殿が真新しい。
磯子から杉田にかけては、昔は漁村であったが、今でも神社を支える人々が居るのだろう。こちらではお神酒を戴いた。

P1030770-006.jpg

東漸寺では、お供え物のお下がりなのか、缶詰まで戴いた。
100円のお賽銭では恐縮するばかり。


P1030774-010.jpg

除夜の鐘、神社の太鼓、そして横浜港の汽笛。
ゴ~~ン。ドーン。ボー。
新しい年を迎える日本の音っていいなあ。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック