忘れ物+おりがみ

大井川鉄道の帰り、新幹線の座席に帽子を忘れてしまった。
忘れ物センターに電話をしたら保管されているとのこと。
体が空いた6日目に東京駅まで受け取りに行った。


P1030065-003.jpg

今年の春に買ったばかりの夏用のハンチング。
忘れた夜、電話で「何色?」と聞かれ、「グレーだったと思う」
「チェック柄ではないですか?」に、「そうかもしれない」


P1030152-011.jpg

「内側がピンクでエストニア製のタグが付いてます。」で決まり。
そう、元大関把瑠都の故郷で、バルト3国のエストニア。
デザインはスエーデンのWigens社。ちょっとだけ一流なんです。

P1030153-012.jpg

とはいっても電車賃をかけて東京まで行くからには、ブログネタも拾わないと・・・
ブラブラお茶の水まで歩いたら、医科歯科大の裏手におりがみ会館。


P1030116-014.jpg

ちょうど館長の小林一夫さんが実演中。
NHKに出たり、おりがみの本もたくさん書いている有名人。
軽妙なしゃべりが余計楽しい。


P1030104-005.jpg

P1030107-003.jpg

作品の展示、売店のほか、職人がおりがみを染めている工房もある。
いずれも見学無料、写真自由。


P1030110-004.jpg

P1030111-005.jpg

P1030112-006.jpg

忘れ物は5日を過ぎると警察行きとなる。もう一日待ってと頼んで保管してもらった。拾ってくれた掃除のおばさんを含め、サンキュー。
おりがみは日本のアイデンテティ。それが進化している様を垣間見た。


スポンサーサイト

保存鉄道

日本一の保存鉄道・大井川鉄道に乗った。
東海道線の金谷駅から千頭駅までが本線で約40km。
1985(昭和60)年製造の近鉄16000系が現役。


P1100027-009.jpg

1958(昭和33)年製造の南海21000系も。
こちらは、塗装の剥がれを見て、「壊れている」と孫。

P1100035-013.jpg

昨年、SLの始発駅・新金谷に転車台を造った。
それにより以前のようなSLのバック運転が見られなくなった。

P1100044-020.jpg

乗車したSLは、1940(昭和15)年製造のC11形190号機。
八代で個人が保存していたものを復活させたという。

P1100045-021.jpg

客車も古い。懐かしい装備品類。

P1020980-008.jpg

P1020981-009.jpg P1100095-056.jpg
 
P1020990-018.jpg P1030003-030.jpg

沿線は川根茶の産地。
開けた窓。煙の匂いとともに空気を一杯吸い込む。

P1020989-017.jpg

アユの甘露煮などが入った「大井川ふるさと弁当」に舌鼓。
ゆったりとした時間が流れる。


P1100083-048.jpg

終点で待ち構えていたのはアニメのトーマス号を模したSL。

P1020995-023.jpg

トーマスの運転台は触り放題。

P1020997-025.jpg

鉄道を満喫した一日であった。
鉄ちゃん教育の巻。

デジタル紙芝居

お酒の次は、ちょっと真面目なお話し。

横浜市郊外に市営地下鉄「センター北駅」がある。
初めて降りたが、駅前には観覧車まであるのにビックリ。

P1020893-002.jpg

P1020860-001.jpg

以前紹介した「神奈川の水源」イベント(→こちら)の新バージョン。
今回は、地下鉄の高架橋(そう、ここでは地上を走っている。)の真下。
600個のキャンドルで盛り上げる。


P1020898.jpg P1020899-004.jpg

18時「かながわの水物語」と題して音楽、映像そして語りの夕べ開始。

P1020904-005.jpg

ハイビジョンプロジェクターから、神奈川の水源地の美しい映像が生演奏付で映し出されるという贅沢な構成。

P1020907-006.jpg

アンプ等の電源は、日産提供の電気自動車のバッテリーを使用。
充電も太陽光で発電したと。


P1020915.jpg

フィナーレは、デジタル紙芝居「浦島八郎物語」。
浦島太郎の子供?が海の環境を守るために奮闘するお話し。
この日のために子供達を交えて創作したとのこと。


P1020924.jpg

あの二の舞はしないと言っていた八郎だが、玉手箱を開けてしまい、あらら、光る玉がゴロゴロと。
玉は、水の勉強をした子供たちの嬉しいお土産になった。

P1020926-016.jpg

このイベント、ネットを活用した寄付金集めの手法が用いられている。
キャンドルの準備は初体験。意外と大変なのを知った。
電子紙芝居に見入っていた子供達に将来を期待したい。

酒、いろいろ

中井の畑では、カボスの実が採りごろになってきた。

P1090190-015.jpg

P1090188-014.jpg

実を絞ってペットボトルに入れて冷凍保存する。
コ**コで買った焼酎をこれで割り、晩酌している。


P1020832-002.jpg P1020842-010.jpg

友人、近くから来たり。
パソコンのメンテが終了したので、まずはビールをグイッ。


P1020845-001.jpg

ご近所から戴いた「PATE屋」のパテ。
ほうれん草と牡蠣(上)、レバー(下)をクッキーに乗せて。
すこぶる旨い。


P1020846-002.jpg

畑で採れた冬瓜を使った蟹あんかけ。

P1020849-004.jpg

本日の日本酒は浦霞と、東力士「薫(かおり)」。
薫は2年前、栃木県那須烏山市の島崎酒造での購入品。


P1020838-006.jpg

島崎酒造では地下軍事工場跡を使って酒を冷蔵保存(→こちら)している。(以下の2枚:2012年10月の見学時に撮影)

P1050252-008.jpg P1050256-011.jpg

そこで、まねをして自宅のワインクーラーで2年間冷蔵していた。
大吟醸だけに香りは良い。
しかし、比較するものが無いので冷蔵の効果は不明だった。


P1020848-003.jpg

締めの酒は赤芋焼酎「一刻者(いっこんもの)」。
世話になった畑近くの酒販売店が8月に火事になり、見舞がてらに購入したもの。


P1020339-001.jpg

妻の手料理で友と楽しく酒が飲める。
これほどの幸せがあろうか。

あおばと

中井の畑に通う時、東海道の宿場町・大磯を通る。
小さな漁港・大磯港の西隣に照ヶ崎海岸がある。
日曜日の朝7時、富士山(写真中央。レンズの汚れあり)を望む海岸は大賑わい。


P1020697-005_20140901101405e81.jpg

超望遠レンズ群が狙うものは・・・

P1020718-019_20140901101418474.jpg

多い時は数百羽も集まるという、この鳥。
5月から10月、丹沢山地からやってくるという。


P1020708-012.jpg

あおばと。青鳩というが、オリーブ色。
塩分を補給するため、岩場で海水を飲みに飛来する。
途中、はやぶさにやられたり、波にすくわれて命を落とすものも。


P1020689-002.jpg

P1020710-013_20140901101504427.jpg

P1020713-015.jpg

カメラマンたちの足元は、玉砂利がびっしり。
焼き芋屋さんの石として使われている。
以前、地元のお菓子やさんが、「さざれいし」と命名したそっくりのお菓子を作っていたと。


P1020705-010_20140901101525dfe.jpg

P1020703-009_201409011015343ef.jpg

県の天然記念物「大磯照ヶ崎のアオバト集団飛来地」となっている。
私のカメラの最大倍率で、それも手持ちの写真でした。
ミニ三脚も持っていたが、出すのも恥ずかしかった。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック