寿命尽きたか臥龍梅

久方ぶりの中井の畑では福寿草が満開だった。

P1000721-001.jpg

その帰り、二宮駅近く、徳富蘇峰ゆかりの蘇峰堂に寄る。
(蘇峰の以前の記事は→こちら
蘇峰は新島襄の遺志を継いで同志社の大学昇格に奔走した。
八重さんとも交流があり、その書簡がここに保管されている。


P1000769-020.jpg

1978年2月、近くに住んでいたので、梅を見に来たことがある。
主屋の前庭には、樹齢300年の臥龍梅の古木があった。


PICT0007-003.jpg

その老梅が、今回・・・ない。

P1000749-002.jpg

そう、ここ1、2年前に枯死して庭の片隅に安置?されていた。

P1000748-001.jpg

その代わり、園内の別の老木が2代目臥龍梅とされていた。

P1000752-005.jpg

処代わり、鎌倉八幡宮の樹齢1000年とも言われるイチョウ。(写真:1965年元旦)
ところが2010年3月、強風で倒壊してしまった。

PICT0039-001.jpg

そこで、上部を切断して根元の幹をそばに移植した。(写真:2010年4月)
現在は幹からも、元の根っこからも芽が出ているようだ。

P1020250-001.jpg

最後に、農の里の隣村、津金の諏訪神社。(以下の写真:2013年1月)
天然記念物の300年のバラモミを見に行ったことがある。
でも、見事なケヤキはあるものの針葉樹のバラモミがない。

P1060748-001.jpg

こちらも、数年前に枯死してしまったとのこと。
社の前に、幹を輪切りにしたものが置かれていた。

P1070015.jpg

八幡様のイチョウの復活はなるだろうか。
生あるものは必ず滅びる。
人は死して何を残せるか。
スポンサーサイト

梅見と土産とうどん

2月の温泉巡りは梅見がてらに湯河原温泉へ。

その道すがら、曽我の梅林にも立ち寄った。
ここは梅の実をとるための梅林で、この時期だけ一般に開放される。
でも、最近は紅梅などの観賞用の梅も植えている。




湯河原・幕山の南面に「湯河原梅林」が広がる。
白と紅の梅が5分咲きである。

P1000719-020.jpg

坂道なのでシニアカー(無料)を拝借した。
介護者が必ず、ブレーキ側に付き添うのが決まりである。(停車中)
車?の運転は初体験。ご機嫌であった。

P1000710-011.jpg

あとは土産を買って帰るだけ。
宿の近く、目をつけておいた干物屋「蒲寅(かまとら)」さんに入る。
アジの干物と恒例のワサビ漬け、そして・・・

P1000706-007.jpg

ヒコイワシの一夜干し、10匹で100円。
まだ干し足りないというので、自宅で干すこととする。(写真は自宅)

P1000747-002.jpg

昼食は、秦野・白笹稲荷の近くに評判の店があると聞いて、探した。
ナビでも、2回電話しても分からないので辺りの店に入って訪ねる。

この店が、いい。私好み。
粉類やら豆を売っている。地粉というのでダンゴ粉250円を買う。
たのんで、看板娘(奥には看板おばあさんも)を写させてもらった。


P1000739-025.jpg

P1000738-024.jpg

やっと見つけた「白笹うどん」さん。
古い農家を改造だか移築したお店。

P1000743-029.jpg

入ってすぐ、昔の土間がテーブル席で、右側が座敷席。
天井がなく、梁がむき出し。

P1000742-028.jpg

食べたのは山菜きのこうどん。
ふと麺に澄んだスープ、これがいける。
スープが減ったら酢を入れろという。初体験、まあまあ。

P1000740-026.jpg

湯河原梅林、評判に違わない美しさだった。
優先駐車場への誘導、シニアカーの配備と、嬉しいおもてなし。
二人の老人にとって、収穫の多い温泉巡りでした。

庭の野鳥たち

2週続いての大雪の朝、予約していた病院をキャンセルした。
実は、食事をとってはいけないのに食べてしまったからなのだが。


メダカの入っているスイレン鉢、今回は・・・

P1000659-006.jpg

毎日庭に来るシジュウカラ(私の財布と同じ)、今朝も。

P1000579-005.jpg

お目当ては、冬だけ給餌している中井の畑で収穫したヒマワリの種。
大好物なのだ。
(以下、この1ヶ月間くらいで撮り溜めた写真)

頭を中に入れる

この中に飛び込むのは勇気がいるようだ。

P1000191-004.jpg

旨くゲット。
ヒマワリの種は大きい。くわえたまま飛び立ち・・・

P1000252-010.jpg

近くのお気に入りの場所。両足でしっかりと押さえ・・・

P1000247-001.jpg

キツツキのように、くちばしで1,2分ほど殻をたたく。
割って、中身を食べる。

P1000361-002.jpg

浅く水を張ったお皿(電子レンジのターンテーブル)は水飲み場。
シジュウカラが常連客。ときたまメジロ。

P1000466-007.jpg

時折顔を出すのがジョウビタキ。
枝にとまるだけで愛きょうはない。


P1000249-009.jpg

何がいいのか、キジバトは一年中いる。
頭が180度回転できる。「なに写しているのよ、フン。」
私の顔を知っているようだ。

P1000625-008.jpg

八ヶ岳南麓・農の里「丸一山荘住人」から、今朝のメール:
「こちらも積雪1㍍越えました。隣に行くのにトンネルが欲しい。朝から一台も通りません。というより通れません。そのうちどうにかなるでしょう。陸の孤島より。」

レトロの香りの中で「水源の四季」写真展

数十年ぶりとかの大雪の朝・・・

メダカを入れているベランダのスイレン鉢に雪が積もって・・・
もうひとつ加えて、五つだったら・・・


P1000580-001.jpg

何が何でも行くと決めていたので、ブーツを履いて出かけた。
船だまりのボートも大雪のあと、ほっと体を休めているかのよう。

P1000595-012.jpg

もちろん、いつもの日曜日に比べて人通りは少ない。
「お嬢さん、寒くはありませんか?」
今回、マジマジと見たら人魚さんだったんですね。


P1000593-010.jpg

何しろ、休日と言うこともあって、雪かきがされていない。
やっとのことで、神奈川県庁の本庁舎に到着。昭和3年に竣工。


P1000617-032.jpg P1000599-015.jpg

正面玄関を入ると、階段の両脇に球形照明。
その文様は「宝相華(ほうそうげ)」という。

P1000600-016.jpg

階段の手すりにも同じ文様が施されている。
正倉院宝物にも多く見られるもので、仏教由来の空想の花とのこと。

P1000601-017.jpg

まずは、知事さんにごあいさつを・・・
奥からにこやかに手を挙げられて・・・いや残念、写真でした。
そうだよね、きょうは休日ですもんね。

P1000604-019.jpg

同じフロアーにある大会議場に入ると、「しずくちゃん」がお出迎え。
元は議場だった。議員さんが座った処の天井は一段高くなった格天井。

P1000609-024.jpg

きょうは冒険写真家・豊田直之氏の「かながわの水源の四季」展。
大スクリーンにハイビジョンでリアルな写真を写しだす。
1枚1枚、氏の解説も入り、驚くほどリアルで美しい映像に魅入る。

P1000612-027.jpg

40分の幻想的な時間を堪能して、表に出ると・・・ヤヤ!
あの「恋するフォーチュンクッキー神奈川県Ver.」の最中。


P1000615-030.jpg

日曜日なのに、大勢の職員の皆さんが出ていた(でも知事は不在)。
「かながわの水源の四季」展は、2月16日(日)にも開催される。

(→詳細はこちら

上大岡で的射・節分祭

きょう2月3日は暖かな節分。暦の上では春との境目にあたる。

普段の買い物は横浜の副都心?とも言われる上大岡だ。
そのスパーでは恵方巻きを買う客で大混雑。
何の謂われか知らないが、いつの間にか流行り出した。




その建物の入口で、地元の鹿島神社に伝わる節分祭の行事。
的射(まとい)といって、元禄のころから伝わるもの。
一度途絶えたが、昭和59年に復活して今に至るとのこと。


P1000491-013.jpg

15分ほどの簡単な神事を執り行う。
若いお母さんを含め、道を行く人が立ち止まって見入る。


P1000489-011.jpg P1000488-010.jpg

続いて地元鳶の面々が木遣り歌で行列を先導する。
趣きある歌声がビルの谷間に吸い込まれていく。


P1000501-022.jpg

葦(よし)で組んだザルのようなものに紙が貼ってあるのが的。
この的に、街の穢(けが)れを集めながら歩くのだ!
歳男が頭に乗せて運ぶのが習わし。

P1000508-029.jpg

ゆっくり10分も歩けば鹿島神社。
上大岡総鎮守とある。鎌倉初期の創立とのこと。

P1000521-042.jpg

運んできた的に向かってさっそく矢を射る。
的には大きく鬼と書かれている。
最初は世話人達が、次に子供たちにも矢を射させる。

P1000534-055.jpg

P1000546-067.jpg

このとおり鬼は矢で射すくめられた。
今年の鬼には、世話人の独創で赤い目が入れられた。
由緒ある行事でもこのようにして変化していくのを目の当たりにした。

P1000548-069.jpg

最後には火を放って穢れを焼き払う。

P1000556-077.jpg

締めくくりは豆まき。
拾えなくとも大丈夫、豆は来た人全員に配布される。


P1000564-085.jpg P1000562-083.jpg

的射の行事は、神社の世話役、連合自治会、消防団そして警察などの連携・協力でとり行われていた。
老若男女、特に子供達の参加が嬉しかった。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック