職場を去る日

今日は第二の職場を去る日。
大勢の人(ほとんどが女性)が職場を訪ねて下さり、お別れのあいさつをいただいた。
皆さんには、八ヶ岳南麓でまた逢いましょうと、ブログのアドレスを入れた新しい名刺を渡した。
きれいな花束には感激。
自宅に帰ると、八ヶ岳南麓には興味のない妻から、これも思いもかけぬ「おつかれさま」入りのケーキ。

P1040570.jpg

自宅に持ち帰ったのは、花束以外に、「はやぶさ」の24分の1スケール模型。
「はやぶさ」とは、あの小惑星探査機。
写真で光っているイオンエンジンの故障などを乗り越えて、地球に小惑星「いとかわ」の砂の微粒子を持ち帰った。
昨日、最後の仕事の一環として、「はやぶさ」関連の講演会とJAXA(宇宙航空研究開発機構)製作模型の展示を行ったことを機にプレゼントされたもの。

P1040575.jpg

こちらが展示したJAXAの模型で、5分の1スケール。

P1040525.jpg

6月3日(日)まで、横浜市内のJR桜木町駅前・県民共済みらいホール・入口ロビーで展示中。
入場無料なので気軽にお立ち寄りください。

P1040522.jpg



スポンサーサイト

春の最大行事の田植えと大豆の種まき

田植えを待ち兼ねるようにヤマフジが咲きだした。

P1040533.jpg

ウノハナ(卯の花)も大きな木の下で白い花。
この花をみるといつも、「うーの花ーの、におう・・・」と心の中で口ずさむ。

P1040538.jpg

どの田んぼにも水が入り田植えの準備はOK
私が借りている田んぼはこの中の1枚、700平方メートル。

P1040531.jpg

田植えが終わりました。でも、いつもの年より苗の並びが不規則。これは田植え機で植えた端から風で流されてしまい、かなりの苗を手で植え直したせい。
原因は、田んぼの水位が十分に下がりきらないまま植えたため、苗が深く植わらなかったせいらしい。大変な手間をかけ、大失敗。

P1040546.jpg

普通の黄色い大豆と黒大豆を畑に播く。溝を一直線に引いて、この中に2粒づつ落し入れる。

P1040545.jpg

夕飯は、世話になっているお母さん手作りのトラ豆?入りのお赤飯と漬物類。そして、友人が持参した卵焼きなど。
このお赤飯、甘みがついていて、この辺りでは普通とのこと。お祝い事のときは必ず作られる。

P1040550.jpg

翌朝も5時起き。まだ作業は残っているが、朝霧を背に路傍に佇むノアザミにカメラを向けた。
このノアザミ、普通なら他の草と一緒に刈られるのだが、今年の作業員はノアザミだけを残した。そのおかげの1枚。

P1040553.jpg

作業を終えて、横浜の自宅へ帰ろうとして、お借りしている畑のそばに、この面構えの草。なーんだ。
アヒルか何か鳥の集団のように見えませんか。
正体は、マムシグサ。これだけ、ひと塊りに咲いているのは初めて見た。
蝮のこわさより、滑稽さが際立つ。

P1040563.jpg


トラクターのシート交換

農作業に欠かせないのが農業用トラクター。トラクター同様にシートが痛みました。取り外した古くなったシート。

古いシート


赤いシートに張り替えました。自宅がある横浜市内のシート屋さんに頼みましたが、そのシート屋さんは山梨出身というのは奇遇。

張り替えたシート


さっそく、田んぼを耕すのにトラクター出動。古いトラクターもおかげで少しおしゃれに。

赤いシートのトラクター


道端のヤマツツジも一緒になって赤く色づく。

P1040510.jpg


中央線の駅のツツジ(こちらは園芸種)も満開。

駅のツツジ



ブログ開設のごあいさつ

季節のたより~八ヶ岳南麓・農の里から~

八ヶ岳南麓・農の里から季節のたよりをお送りするブログを開設しました。
里の皆様から田んぼや畑、そして百年を経た建物を借りて、自然との触れあいを楽しんでいます。


しげおじさん


標高1,000メートルのこの地では、5月初旬は、林縁に山吹の黄色が目立つ。
P1040399tm.jpg

川沿いの斜面に1本だけのヤマナシの白い花が満開。
P1040401tm.jpg

つづら折れの坂道沿いには、まだ若木だがいろいろな種類の桜が植わっている。早咲きの種類は散っているが、八重桜の系統の木が多く、こちらはまだ二分咲きといったところ。
P1040408.jpg

田植えは5月下旬の予定。桜越しに見える田はこれからが本番。水張り作業もこれから。苗はビニールハウスの中で生育中。
Sakura_Ta

2箇所の畑では味噌作りの原料にする大豆を育てる。年季の入ったトラクターで耕したところ。沢沿いの畑のほうは石垣が美しい。いつの時代なのか、先人が手作業で積んだもの。石の間の枯れ草を取れば、さらに美しく映える。
P1040396.jpg

もう一方の畑は、将来は花園にするのが夢。今は、その準備段階でワイルドストロベリー、においスミレなどが繁殖中。
P1040418tm.jpg

マルチシートに植わっているのは、ニンニクと食用ユリ。ニンニクは近くの直売所で購入した玉から増やして3年目。この冬の寒さにもめげないのは立派。(2012年5月7日)
P1040416.jpg

「季節のたより」の思い出・・・
小学校3年生のときの理科の宿題がタイトルの謂れ。当時使っていたB4版のわら半紙を縦長にして、たてに二つに折り、これを横に6つ(8つだったかも)に折ると、全部で12(16)こまが生まれる。その一つ一つに、毎日気づいた季節を感じることを日記風に絵と文章で埋めていくというもの。何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた・・・
毎日のように書き留めれば、2週間もすれば完成し、先生に提出する。みなは1枚は提出したものの、続けて提出した生徒は極わずか。私は、1年半近く続けた。
で、だんだんと何を書いたらよいのか、ねた切れにもなり、面倒にもなり・・・、よく、今晩は初カツオを食べた、イチゴを食べたと、今と違って食材にも季節が感じられた。そんなふうに季節を感じられる便りを八ヶ岳南麓・農の里からお伝えしていきたい。



プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック