なかい里都カフェ

中井の畑から車で5分の所に中井中央公園がある。
運動場や子供広場があり、中でもローラースライダーは県下最長級。
その公園内に6月、なかい里都(さと)カフェがオープンした。(〇印

P1070801_201708272223530c0.jpg

国の地方創生加速化交付金(10分の10)を利用した建物。3800万円也。
地域の賑わいづくり、活性化を目指すものだろう。
建物の内外に木をふんだんに使っている。


P1070796.jpg

高い天井と窓ガラスで、自然光がいっぱい取り込まれている。
テーブル類はイギリスのアンティークものらしい。


P1070789.jpg

町内産?の手作り品が並ぶ奥にはキッズルームも。
床はコルクなので、寝転んでも気持ちよさそうで清潔感もある。

P1070790.jpg

テラスにはテーブル席もある。
前はパークゴルフ場となっていて、季節によっては気持ちよさそう。

P1070793.jpg

土、日曜日限定でランチをやっている。
お決まりのカレー、スパゲティ、ハンバーグの3種類。各500円。
でもこのハンバーグ、手ごねだとかで、そこそこいける。

P1070792.jpg

飲み物はコンビニと同じセルフ方式。
コンビニの100円と比べると280円はちと高いが、セットなら150円。


P1070788.jpg

きょう一日限定の「蓮の実おにぎり」。
町内にある蓮池の里(→過去のブログ)産の蓮の実が入っている。


P1070791.jpg

甘いのが苦手な人でも食べられるというジンジャージェラート。
中井のジンジャー(生姜)を使って曽我(小田原市)で作ったもの。
残念ながら売り切れ。

P1070795.jpg

そこで隣にある直売所で新ショウガを購入した。
うちのシェフに、甘酢漬けにしてもらおうと。


P1070800_20170827221757144.jpg

40数年前、中井に住み着いたときのお話し。
①隣町の伯母に挨拶に行ったら、「お前、中井は電気が行ってないだろう」と。
②組長さんから、「転入届には区長のハンコが必要だから、一升瓶をもって区長さんの家に行ってください」と。
③数年後、役場に戸籍を取りに行ったら、職員が何も見ずに「あなたの戸籍は町にありません」。横浜に置いてきたままだった。
スポンサーサイト

スリーペンギンズコーヒー&ロースター

掘割川(→過去のブログ)を挟んだ地域に「疎開道路」がある。
終戦間際、空襲火災に備えて建物を強制的に取り壊して作った道路。
国内各地で作られたが、その名称が残っているのはここだけ。

P1100230.jpg

ここに疎開道路(赤線)が設けられた理由は、
建物密集地域だったことと、川に沿う国道16号(黄色線)が軍港のある横須賀に向かう重要道路だったため。
坂下疎開道路に面してスリーペンギンズコーヒー&ロースター(印)がある。

P1070745_2017081617434516f.jpg

店構えは”控えめ”である。
ブラインドが下りているが、はて今日は休みか?
いや、雨でお客がなさそうなので2時から開けようとしていたと。

P1070739_20170816175316513.jpg

よかった。しばし、準備が整うまで中で待たせてもらう。
いろいろな古時計やらおしゃれな家具で落ち着いた雰囲気。

P1070735.jpg

ドアー越しに見える景色は、あたかも昔のガラス戸越しのよう。
ガラス選び一つに店主のこだわりが見て取れる。

P1070736.jpg

青紫のトルコギキョウが上品さを漂わす。
ディスカウントのカフェではこうはいかない。


P1070737.jpg

リクエストを聞かれたので、軽めの豆でペーパードリップを所望。
昼食代わりにドーナツも注文。
こちらは硬めに揚げられていて、適度な甘さ。癖になりそうな旨さ。


P1070734.jpg

昨晩取材を予定していた大岡川の灯篭流しは雨で中止。
かわりに、戦争遺産である疎開道路沿いに素敵なカフェを見つけた。

蔵にて水出しコーヒー

旧東海道・大磯宿には昔の面影を残すお店・建物が多い(→マイブログ既出)。
汐騒のお宿と銘打つ「大内館」もその一つ。

P1070129.jpg

季節の食材を使い、丁寧に味付けしたランチが逸品。
妻と二人、烏賊ってこんなにも旨かったかと単純に感激。
(今年の4月)


P1070126.jpg

今回は、敷地内にあるカフェ「蔵にて」に寄る。
大正15年築という土蔵を、10年ほど前に改装したもの。
昔は旅館で使う什器や寝具を保管していたという。

P1070520.jpg

重厚な扉の向こうに、明かりが秘密っぽく灯る。

P1070521.jpg

二階の床を取り除き、梁と屋根裏を露出させている。
加えて茶系統で配色され、落ち着いた空間に仕上がっている。

P1070524.jpg

水出しコーヒを作る器具(コールドブリュワー)。
7時間をかけて1.5リットルのコーヒーが抽出される。
でも、この季節は前の晩に作るだけで済むとのこと。


P1070517.jpg

お姉さんと、じゃが芋の出来の話をしながら味わう。
水でゆっくり抽出するだけあって、いやな苦みやエグ味が抑えられる。
そのため、コーヒーの甘みまで感じ取れる。

P1070516.jpg

水出しコーヒーは、コールドブリューコーヒーとかダッチコーヒーとも呼ばれる。
丸一山荘の住人さんも、水出しコーヒーがお好き。
ありあわせの器具でポタポタと抽出していた。

ブルックスコーヒー

コーヒーを本格的な味で手軽に楽しむのがドリップバッグ。
一杯分のコーヒーが入った袋にお湯を注ぐ方式。
ブルックス製品なら一杯19円から飲めるのもありがたい。


P1070025.jpg

そのブルックス社の工場が、中井の畑に近い、秦野中井IC前にある。
工場(写真の左の建物)の近くには直営のカフェもある。
テラス席はバラに囲まれ気持ちよい。(以下の4枚の写真:昨年7月)

P1040924_2017052221262290b.jpg

中は明るくゆったりとした空間。

P1040922.jpg

コーヒーメーカーだけに、カステラ生地のお菓子もコーヒー豆風。

P1040920.jpg

嬉しいのは、足湯に浸かりながらコーヒーが飲めること。
綺麗なお嬢さんたちと一緒に混浴?はなんかこそばったい。

P1040923_2017052221271672d.jpg

こちらは足柄平野を睥睨する第一生命の元の大井本社ビル。
今はブルックス社の大井事業所となっている。
(以下の3枚の写真:本日)

P1070265.jpg

このビルの正面玄関に向かい合って、社員食堂だった建物がある。
今は売店と簡単な食事ができるスペースとなっている。
百人以上のお客さんが来ても大丈夫な広さだ。

P1070262.jpg

ビーフカレー510円は本格的な味だ。
コーヒー類は、同社のドリップバッグでセルフサービス。
何杯飲んでもコーヒー類は無料。

P1070261.jpg

60ヘクタールに及ぶ大井事業所の敷地は「未病いやしの里センター(仮称)」の計画地でもある。
健康関連の拠点となって地域が活性化するのを地元では期待している。

寄り道Cafeみつば

JR磯子駅から「峰の郷」行きのミニバスに乗車。
終点の二つ手前「更新橋」で下車。この周辺は緑濃い「峯市民の森」。
バス道と直角に、気持ちの良い山道を十分ほど歩くと・・・

P1070070.jpg

きょうの散歩の目的地、「寄り道Cafeみつば」さん。
普通の一軒家で、5年ほど前からカフェを始めたという。


P1070087.jpg

天気が良いので裏庭のパラソル席を利用する。

P1070085.jpg

コーヒーと、作りたてのワッフルのセットをいただく。
チョコソースとホイップクリームと近くで採れたというブルーベリーを添えて380円なり。申し訳ないような・・・。

P1070081.jpg

ここは横浜の最高峰・円海山の森にも近い。
そこを駆けるランナー向けにシャワーブース(白い建物)まである。
手前は、近くに沢山ある孟宗竹で作ったというバーベキュウ場。

P1070082.jpg

峯は、鎌倉古道に沿った歴史ある土地。
カフェのすぐ近くにある阿弥陀寺。
境内には法然上人の像が立つ。


P1070075.jpg

やはり近くの峯白山神社からはランドマークタワーが見てとれる。
反対側は足元を横横道路が通り、丹沢や富士の眺望がよい。


P1070089.jpg

乗ってきたバスの終点にあるのが「特別養護老人ホーム峰の郷」。

P1070103.jpg

ここには地下1500mから汲み上げた温泉があり、足湯を一般開放している。
洋光台から歩いてきたというご老人と並んで浸かる。


P1070098.jpg

その隅ではニホンミツバチか?
温泉に浸かっているのか、飲んでいるのか、こちらも気持ちよさそう。

P1070099_20170425141619dcf.jpg

カフェも特老も、洋光台や港南台の住宅地と横浜最大の森との接点に位置する。
峰の郷温泉がコーヒー色だったのも嬉しかった。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック