The Year End LIVE

友人の店(→こちら)で「The Year End LIVE」と称した忘年会が開かれた。
このポスターはその友人の娘さんの手によるもの。


P1060202_20161229001238e9d.jpg

歌はむらい千晶さん、ギターは鈴木敏幸さん。
ジャズのスタンダード曲と日本語の詞に魅せられたという曲、全20曲。
お二人は今日が初共演なのを感じさせない息のあったステージだ。

P1060206.jpg

友人が声をかけたのは、中学校時代からの仲間と馬車道商店街の面々。

P1060192_201612290027014ad.jpg

普段は眼鏡とカフェの店内に30人ほどが入っても、さほど狭さを感じない。私にとって生でジャズを聴くのは初めてかも。
日本語の詞では、中島みゆきの「糸」が選曲されていたのもうれしい。

P1060208_201612290048287b5.jpg

これだけの人数ともなると、裏方さんたちも大変。
店のスタッフが、アルコールやオードブルの用意にフル稼働。


P1060191_20161229002221224.jpg

時と場所は変わって、2011(平成23)年10月、農の里の丸一山荘。
知人の手を借りて4種類の楽器を使った囲炉裏端コンサート。
「イルカに乗った少年」「ジュピター」など10曲ほど。


P1020748.jpg

里の住人の半数近くが集まったのにはびっくり。
演奏に続いて、囲炉裏端で遅くまで酒盛り。
これがきっかけで私は里で認知されたようだ。


P1020745_20161229002108b2f.jpg

その翌年4月、里の公民館で楽器演奏と歌う会を開催。
歌の指導に、職場の合唱団の歌姫3人の手を(口を?)借りた。

P1040378.jpg

曲名の下の数字は、みなで歌う曲のアンケート数。
確か6人以上が希望した曲を歌った。
ラストは里の恒例だという「ふるさと」だった。

P1040379.jpg

農の里のお年寄りたちも感動していたが、やはり生の音楽はいい。
気軽に音楽に触れられる贅沢が贅沢でなくなるように。
スポンサーサイト

かながわ商工会まつり

気持ちよく晴れた日曜日、赤レンガ倉庫イベント広場で開催された「かながわ商工会まつり」に出かけた。
県内産品の紹介と観光・伝統文化等の展示を行うもの。

P1050881.jpg

正午に到着したら、ゆるキャラの紹介が行われていた。
右から、豚とブロッコリーの産地・綾瀬市の「ブタッコリー」、愛川町の「あいちゃん」。
その次の青いペンギンの「はまペン」は、さてどこの?(ネットでお調べください)

P1050883.jpg

少し間をおいて、旧城山町に伝わる「お囃子」。
七福神?やお獅子がコミカルに場を盛り上げる。

P1050894.jpg

大入り袋が配られ、ありがたく受け取ったら、中身は平凡な飴だった。

P1050898.jpg P1050942_20161121170341f82.jpg

続いて、県下の5団体が演技した「よさこい固定踊り」。
踊り手の大部分は昔、お嬢さんだった方々。

P1050905_2016112117043296c.jpg P1050927.jpg

でも中年のおじさんの鼻の下を長くさせてくれたフレッシュな踊りも。

P1050922_201611211820039d3.jpg

産品紹介で賑わっていたのは愛川町商工会ブースの組みひも作り。
ハンドルを回すだけで、十本ほどの糸が編まれてきれいな紐ができる。

P1050885.jpg

何か昼飯になるものをと・・・
B級グルメの屋台が数台あり、揚げたポテトとか、コロッケ・・・。
どうもパッとしない。


P1050931_20161121170601681.jpg

選んだのは、「ブタッコリー」の綾瀬ブースの「開運いなり」。
綾瀬では、立春・初午の日に、稲荷神には赤飯、そのお使いのきつねには油揚げを備える慣わしがあり、商売繁盛・五穀豊穣を祈願するとのこと。それに因んだお赤飯のお稲荷さん。満腹、満腹。

P1050903.jpg

P1050904.jpg

場所が良いだけに、会場はかなりの賑わいだった。
東北と熊本の応援ブースもあり、中に興味をそそる味噌があったので、自宅で作ってみることにした。(全然応援になってない)

ハロウィン

10月31日はハロウィン、西洋の秋の収穫祭だそうだ。
渋谷などでは大変な騒ぎになっているが、横浜・元町では子供が主役。
あちこちの店頭に仮装した子供たちの大行列。


P1050790.jpg

やはり仮装の魔女やお化けからお菓子を受け取る。

P1050797_20161101000241142.jpg

どうやらお菓子のグレードと行列の長さが比例しているようだ。
このお店が最も長い行列で、抽選に当たるとかなりの景品らしい。

P1050806.jpg

裏通りのお店ではほとんど行列しないでお菓子がもらえていた。

P1050809.jpg

有名なお菓子屋さんのマスコットの縫いぐるみ。
さて、この商店街にこのお菓子屋さんあったっけ。


P1050802_20161101000304f1c.jpg

こちらのママさんたちは正々堂々と変身中。
写真撮らせてと言ったら、「はい、どうぞ」とポーズ。

P1050792.jpg

陽が傾いてきても人出は増えるばかり。
ハロウィンが終われば、商店街はクリスマスモードに入るのだろう。


P1050810_20161101000349e37.jpg

さて、数日前、ハロウィンのシンボル=ジャック・オー・ランタンづくりに初挑戦。
なんとも不気味で怖いちょうちんに仕上がった。

P1050763.jpg

お隣に声をかけたら、アナ雪の衣装をまとった可愛い魔女さんがお菓子をもらいに来てくれた。

P1050780.jpg

バレンタインと同程度の経済効果までに広がったというハロウィン。
この先、日本人はどんなお祭りを生み出すのだろうか。

18番の最後の日

けさの神奈川新聞を開いたら・・・
ベイスターズ・三浦大輔投手の最終登板(予定)に合わせた全面広告。
(写真:神奈川新聞9月29日朝刊から)

P1050334.jpg

折り込みのミニコミ誌には現役引退の記事。
(写真:タウンニュース磯子版9月29日号から)


P1050335.jpg

「永遠番長」と背番号18が印象的な写真を街のあちこちで見ることができる。

P1050350.jpg

そう、最近増えてきた大きな広告写真付きのバス停で。
このバス停では、車道側の広告パネル面に。
バスを待つ人たちは、おそらく「永遠番長」に気が付いていない。


P1050357.jpg

このバス停では、道路と直交する面、それも乗り口の裏側に「永遠番長」がいる。
しかし、乗り口と同じ側に「永遠番長」がいるバス停もある。

P1050367_20160929160658da7.jpg

ところで「永遠番長」に別バージョンがある。
背番号18が印象的なのは変わらないが、大輔の顔がわかる。
必死に投げている姿と違って、余裕を感じさせる。まだまだだと。
でも、今晩が見納め。Daisuke come back!


P1050358.jpg

P1050360_20160929160725c94.jpg

今晩は横浜DeNA5周年の記念ポンチョを飾って自宅観戦しよう。
3回くらいまではもってほしいが・・・


P1050372.jpg

大輔フィーバーの荒木大輔は去り、松坂大輔は復帰にもがいている。

甦る

京急・上大岡駅から徒歩15分の住宅街に横浜刑務所がある。
江戸時代に下田に設置され、磯子・滝頭を経て、現在地に置かれた。


P1030541-002.jpg

雨の日曜日、今年で45回目開催の横浜矯正展に出かけた。

P1030539-001.jpg

プリンセス・プリンセスを模したというグループのライブと、
喜多方ラーメンなど模擬店がたくさん。


P1030556-012.jpg P1030546-005.jpg

目玉は、全国の刑務所内で作った製品の展示販売。

P1030554-011.jpg

家具が多いのだが、中には御神輿やら、

P1030544.jpg

横浜刑務所の作品であるドールハウスやら・・・
細々としたミニチュア家具が楽しいこの製品は1万2千円と超割安。
すでに5名ほどの注文票が貼られていた。


P1030542-003.jpg

乾麺製造も有名で、食品を製造している刑務所は全国ここだけという。
市内で8工場しかないという衛生管理の最優秀施設のお墨付きも。
その麺の一杯200円のきつねうどんは、冷たい雨の中、腹に沁みた。

P1030548-007.jpg

今回のお目当ては、所内見学。もちろん写真厳禁。
刑務官の監視?のもと、30人ずつ、塀の中に入る。15ある工場のうち、印刷、木工、洗濯、溶接工場、そして風呂場を案内された。
中庭の「改」「善」「更」「生」と刻んだ4つの石が印象的であった。

P1030557-013.jpg

隣の横浜少年鑑別所では性格テストを受けてみた。
60問のマークシートにyesu,noで応える。
「意志の弱さ。怒りっぽさ。」が赤く表示されてしまった


P1030552-009.jpg

「更」と「生」を結びつけると「甦る」。
暴力団員をはじめとした再犯者1500人を収容する横浜刑務所。
受刑者も高齢化しているという。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック