浮世絵

昨年9月、2回にわたり中山道の浮世絵をブログにした。(→9月19日、→9月23日
その浮世絵の出典は昭和12年6月刊の「木曽街道六十九次」錦樹堂版。
亡き母が結婚の際に持ってきたもの。


P1030042.jpg

日本橋から大津宿までの70枚の浮世絵が綴られている。
本物ではなく印刷もので、東京神田の大熊整美堂の発行。
売価は7円50銭だったようだ(ネット調べ)。


P1030044.jpg

起点・日本橋に、英泉画(左上の○印)とあるように作者は渓斎英泉。
英泉は美人画で知られた絵師で、安藤広重より先輩格。
赤い印で竹内、保永堂とあるのは版元・竹内孫八を示す。

P1020969.jpg

しかし、発行の途中で版元が錦樹堂に変わった(印が「竹内」「保永堂」のままなのは何か理由があるのか?)。
笠に、「伊勢利」とあるのは引き継いだ錦樹堂の伊勢屋利兵衛を示す。
ちなみに、保永堂の版ではこの笠に「竹内」と彫られていた。

P1030056.jpg

版元が変わると、摺りにも変化が出る場合がある。
長良川の鵜飼いの図だが、色調の違いもあるが背景の山の摺りが違う。
保永堂の方が手が込んでいて上等だ。
(保永堂版の出典:カラーブックス「中山道昔と今」稲垣進一)

P1030055.jpg

P1030024.jpg

ところで、英泉は24枚(宿)描いたところで手を引いた。
引き継いだのが、東海道五十三次で売れっ子になっていた安藤広重。
この32番目・洗馬宿をはじめとした抒情ある広重ワールドは評判高い。

P1030001_20160221011732ebc.jpg

34番目・贄(にえ)川宿の旅籠の軒先に札が下がっている。

P1030003.jpg

右に版元を、左に彫り師と、摺り師の名前を描いている。
(「仙女香」とあるのは→こちらを参照。

P1030060.jpg

何か面白い情報でもないかと、大熊整美堂にメールしてみたが返事はなかった。今度東京に行ったときにでも立ち寄ってみようかな。
スポンサーサイト

中山道の名物

中山道・和田宿で食べた素朴な「おこびれ焼き」。
昔の旅人も、土地の名物を楽しんだに違いない。

No59関ヶ原宿の茶店看板に「そばきり うんどん」、提灯に「名物さとうもち」。当時、そばやうどんは定番か。
「さとうもち」とは?子供の頃、餅を砂糖醤油で食べたが、さて。


P1030028.jpg

P1030064-015.jpg

No9熊谷宿の茶店では、軒に「うんどん」、行燈に「あんころ」と。
この茶店は、ゆず餅で有名なみかり屋を題材とのことだが?


P1020977-001_20150923212736908.jpg

No58垂井宿、左の茶屋に「御ちゃ漬」。
そして左右の茶屋とも、美人画や風景画の錦絵が売られている。

P1030027-007.jpg

P1030063-014.jpg P1030062-013.jpg

No35奈良井宿では「名物 お六櫛」。奥では製造もか?
村娘おろくが神のお告げで作り、頭痛が直ったという言い伝え。
現在でも、隣の薮原でお六櫛が作られ続けている。

P1030004.jpg

P1030061-012.jpg

No61柏原宿の「かめや」はお灸の「艾」(もぐさ)を今でも販売。
頭の大きな人形は、縁起の良い福助人形。
店の左側は、庭園を鑑賞できるお休み処。

P1030030-005.jpg

これは土地の名物ではないが、
No60今須宿の「仙女香」とは江戸の「坂本氏」発売のおしろい。
坂本氏は当時、出版物の検閲の役もしていたので、権力をかさに自分の商品を宣伝させた?よく言えば、今で言うタイアップ広告。


P1030029_20150923211031ecd.jpg

P1030029.jpg

浮世絵を見ながら当時の庶民は旅を夢見た。
我々は当時の風俗、事情の数々を伺い知ることができる。

中山道・和田宿

1週間前、農の里からみて八ヶ岳連山の裏側に位置する中山道(別名、木曽街道)和田宿に遊んだ。

中山道69ある宿のうち、和田宿は江戸から28番目。
次の下諏訪宿の間に難所、和田峠を控えることから、安藤広重は浮世絵版画「木曽街道六十九次・和田宿」で雪の和田峠を描いた。


P1020824-006.jpg

元旅籠(はたご)だった「歴史のまち資料館かわち屋」。
2階部分が張り出した出桁づくりの町並みが美しい。


P1020851-001.jpg

今でも商店を営む「よろずや」。
2階両袖に立つ、防火も兼ねた本うだつが見事。

P1020860-002.jpg

屋根が、栗板葺に置き石の旧本陣。
1861年、徳川家茂へ嫁す皇女和宮の大行列がここ和田宿に泊った。
その直前、宿場3分の2が燃えたため4カ月の突貫工事で建て替えた。


P1020864-004.jpg

ニラ入りそば粉クレープ?の「おこびれ焼き」。
女将さん、「この辺で、お八つのことを「こびれ」って言いますよ。」


P1020862-003.jpg

今回、和田峠が日本100名山の一つ、霧ケ峰の近くであること、おまけに観光道路ビーナスラインが交差していることを知った。
(写真:1998年8月の霧ケ峰・車山か?)


PICT0498-001.jpg

(写真:同年同月の八島ヶ原湿原)

PICT0502_20150919171952cbe.jpg

この辺りは真田氏ゆかりの地。
そこで、来年の大河ドラマ「真田丸」を契機とした街おこしの動きもあるようだ。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック