富士の絶景

父との温泉巡り、11月は日程を取れなくて12月に入ってしまった。
朝目覚めると、雲ひとつない富士の朝焼け。
30分かそこら赤富士を満喫する。


P1000277-001.jpg

P1000287-004.jpg

ここ箱根峠のホテルからは富士や愛鷹山から駿河湾までを眺望する。
立地規制がなかった時代に建てたのだろう。
これまでの温泉巡りで一番の眺望である。


P1000279-002.jpg

帰りに中井の畑に立ち寄る。小麦は10センチくらいに伸びている。

P1000268-007.jpg

山芋の蔓が完全に枯れた。次回には掘り上げよう。

P1000266-006.jpg

ブロッコリーが大きくなりすぎている。
大阪に送るジャガイモ(デストロイヤー)を掘り上げたり・・・
畑には関心のない父なので、早々に切り上げる。


P1000265-008.jpg

帰路、前を行くトレーラーのマフラーから煙。
最近見なくなったと思っていたのに。
でも、しばらく走ると煙が全く出なくなった。???


P1000295-005.jpg

これからが富士が綺麗に見える季節。空中湿度が低くなるから。
大気の汚れの改善もめざましい。
スポンサーサイト

コキアの紅葉

亡くなった母が使っていた座敷箒。
時たまリビングの掃除で使うことがある。電気も喰わずエコ。
イネ科のホウキモロコシ(俗に、ほうき草)が原料。


P1030324-044.jpg

同じようにほうき草と呼ばれるものにコキアがある。
こちらはアカザ科で、その実は畑のキャビアと呼ぶトンブリ。
今回、その紅葉を見に茨城県の国営ひたち海浜公園に行った。


P1030275-013.jpg

手前にソバ、その奥にコスモス、そして奥にコキア。

P1030273-011.jpg

P1030291-028.jpg

コキアはひと株が直径1メートルほどの球状。
薄グリーン色だったのが、この時期紅葉する。

P1030284-022.jpg

P1030283-021.jpg

P1030288-025.jpg

こちらは、セイタカアワダチソウ。(写真は宿泊地の涸沼湖岸)
この時期、道路の脇も、休耕地も行く先々この花で黄色づくめ。
在来種のススキは肩身が狭そう。


P1030270-008.jpg

この地域の足、ひたちなか海浜鉄道のキハ3710。
東日本大震災のダメージから取り合えずは復旧したが・・・
誰が手入れをしているのか、線路脇にキクに似た園芸種を列植。

P1030301-032.jpg

この3セクの本社がある那珂湊駅構内に留置されているケハ600。
日本初のステンレス気動車とのこと。
車輪も取り外され寂しそうだ。(おまけの写真)

P1030314-038.jpg

同一種の植物をかためて植えることが流行っている。
セイダカアワダチソウも知らない人が見たら綺麗と思うのだろう。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック