古怒田の集落

中井の畑を終え、昔行ったことがある古怒田(こぬた)の集落を訪ねた。
中井町南西端の丘陵地にあり、小田原市曽我と背中合わせにある。
コキア(→過去の記事)は盛りを過ぎ、アセビの苗が赤色のつぼみを付けている。

P1080255.jpg

新しい建物も多いが、集落の佇まいは昔とあまり変わらない。

P1080265.jpg

斜面の畑にはミカンが健在だが、一部はキウイに替わっている。
ミカンを貯蔵する倉庫も昔のままなのだろう。
もうすぐ収穫で忙しくなる。


P1080269.jpg

P1080272.jpg

道真を祭る菅原神社とのこと。
〇〇天神という名前が一般的ではないか?

P1080264.jpg

30数軒が丘陵の谷間にひっそりと歴史を刻んでいる。

P1080267.jpg

自宅に帰って、前回訪問時の写真を見た。
それは1982(昭和57)年3月末、長男や近所の子供らを連れていた。
集落のかなり手前で車を捨て、砂利の広域農道を歩いた。

PICT0073.jpg

ミカン畑の中をノブ君、カズ君、ワカナちゃん、オッ君、そして長男。

PICT0076.jpg

白梅が咲く神社で一休み・・・
建て替わっているが、前回も菅原神社に来ていたんだと知った。

PICT0077.jpg

集落の案内図も写していたのだった。
今昔を比べたら興味深いことが分かるかもしれない。


PICT0078.jpg

この二人はなんで泥だらけになったんだろう・・・
この小田原に抜ける広域農道には、現在頻繁に車が通る。

PICT0079.jpg

中井に住んだ8年間は、最も思い出深い年月だ。
自給自足の生活を夢見ながら、子供達と近所の野山を探検しまくった。
スポンサーサイト

今年も畑仕事を

明けましておめでとうございます。
暖かい正月となりましたが、皆様の土地ではいかがでしょうか。


今年も、腰のヘルニアを再発しない程度に畑仕事に精を出します。
畑(青で囲んだ所)のある中井町は各所から富士が見えます。

P1060240_20170101153607299.jpg

この空撮写真は、20年前に友人が撮ってくれたもの。
青で囲んだ所がマイ農園。約700平方メートル。
大きなビル群と造成中のエリアは、テルモ㈱湘南センター。
斜めの太い道路は、二宮と秦野を結ぶバイパス。

P1060241.jpg

畑の日は、畑近くの厳島湿生公園(→こちら)で朝食をとる。

P1060237.jpg

この時季、朝は大きな霜柱がニョキニョキと。

P1060234.jpg

特に冷え込んだ朝は、水面から湯気が立っていることも。
木道を歩いたら、カルガモが飛び立った。
(以上の写真、空撮を除いて大晦日のもの)


P1060222.jpg

退職と同時に始めたブログも4年半を経過しました。
今年もごひいきにお願いいたします。

中井蓮池の里

時折降る雨の中、お借りしている畑の持ち主宅に夏の挨拶に伺った。
そのお宅の近くに「中井蓮池の里」がある。
休耕田に蓮が植えられている。


P1040897.jpg

P1040900.jpg

管理している?おじさんによれば、蓮を植えて15年になるという。
今年は開花が遅れているとも。
何組も車で写真を撮りに来ている。


P1040911.jpg

P1040915.jpg

P1040904.jpg

P1040903.jpg

おじさんのお孫さんが作ったものだという。
「売ってほしい。」と、見物に来たおばさん。
おじさん「これは売り物でないので。」
私は、地元で獲れたというニンニクを買った。

P1040916_20160715150313b69.jpg

この蓮池、町のHPにも載っていて、町おこしにも貢献。
ニンニクは秋になったら中井の畑に植えてみる。

畑の助っ人

ゴールデンウィークの3日、中井の畑に3人のお客さん。
そのお一人に樹の伐採をお願いしていた。
まず、持参のチェーンソーで梅の木を切ってもらった。


P1040440.jpg

次に、ヤマモモの大木を。
その間、もうお二方にはテントの設営をお願いした。


P1040443.jpg

中心は腐食していた。

P1040468.jpg

でも毎年ジューシーな実を実らせてくれていた。
地主さんに畑を返すことを考えると、ここらで伐採しておかないと。
(ヤマモモの実の写真:2013年6月)

P1080558.jpg

7日、伐採した梅の横のジャーマンアイリスが咲きそろっていた。

P1040469.jpg

小麦(はるよこい)に、目立たないが白い花が咲いていた。

P1040472.jpg

季節の変化は早い。
熊本地震から3週間以上がたつ。
南阿蘇鉄道の被害も気がかりだ。

葛川に沿って

JR二宮駅から中井の畑まで、葛川に沿って歩いて向かった。
二宮の旧市街地では、こんな木の橋が架かっている箇所も。

P1010540-002.jpg

川沿いに二宮の名産品・落花生を炒って売るお店。

P1010542-003.jpg

防音塀で囲われた新幹線と交差。
それにしても、もうちょっとペンキを塗るとか・・・

P1010525-001.jpg

県公社がその昔開発した団地の近くは川沿いに桜並木。
ライトアップの機材(写真手前)が昼間は不格好。


P1010651-004.jpg

この先は急に農村の色合いが濃くなる。

P1010672-007.jpg

コガモの家族と、嘴が黄色いのでダイサギ又はチュウサギ。
葛川も最近水質が良くなった。


P1010481-013.jpg P1010665-006.jpg

飛び立ったところを、パシャリ。あれー・・・

P1010667-005.jpg

中井町に入って、茅葺きの家。川沿いでは唯一。
真っ白な障子が見えたので、現役のようだ。


P1010687-008.jpg

そして水源の一つとなっている厳島湿生公園に到着。
白いビルは、医療器具メーカー・テルモの本社(中央)と研究所。
ここで一休み。マイ畑まではあと10分ほど。

P1010700-009.jpg

P1010705-012.jpg

葛川は小さな河川だが、河岸段丘が発達している。
これは、表丹沢からの水無川がその昔、ここを流れていたからと。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック