ペリーのマンダリンブラフ

1958(昭和33)年5月、本牧の旧間門海岸での潮干狩りの様子。
一帯の海岸はその直後埋め立てられ、巨大な石油精製工場となった。

PICT0113.jpg

60年を隔て、この海食崖は同じ姿で残り、その足元は本牧市民公園、崖の向こう側は三渓園として市民憩いの場となっている

P1060461.jpg

ペリーはこの崖を見てマンダリンブラフと呼んだそうだ。
マンダリンとはミカンのこと、ブラフは崖。
黒船からはミカン色に見えたのだ。

P1060459_20170204203424665.jpg

旧間門海岸に面するのが、今も現地に立つ間門小学校。
かつては、休み時間に児童らは海辺で遊ぶことができた。
埋め立ての代償として作られたのが附属海水水族館。

P1060453_201702042034518e3.jpg

設立当初はポンプで海水をくみ上げていたが、今は人工海水を使う。

P1060451_20170204203503055.jpg

水槽の魚は地元の漁師が定期的に補充している。
有志が手助けはしているが、普段の世話は児童が行う。

P1060442.jpg

ウミガメの赤ちゃんは沖縄美ら(ちゅら)海水族館から寄贈された。
壁に体重と身長の増加の状況が貼ってあった。
本施設、職員室に断ればいつでも見学可能。月に1回、一般公開日も。


P1060446.jpg

マンダリンブラフの頂上から見た現在の間門海岸。
道路は首都高速湾岸線。(写真:昨年11月)
雲がなければ煙突の向こうに富士山が見える。

P1060090_201702042035291f1.jpg

この石油精製工場には仕事で何十回も訪ねた。
定期点検中の巨大なガスタンクの中にも入った。
が、当時は崖のことも潮干狩りのことも、頭をかすめることさえなかった。
スポンサーサイト

黄金町エリア

珍しく鏡のような水面の大岡川。
右岸(写真右)は末吉町や伊勢佐木町といった横浜を代表する繁華街。
左岸は日ノ出町・黄金町・初音町からなる黄金町エリア。


P1050627.jpg

黄金橋のたもと(左岸)にある「日ノ出湧水」。
野毛山の裾野に湧いた水を、明治の頃ここまで導き、船舶に給水していたものだと。

P1050633.jpg

湧水から京急線のガードをくぐった表通りは、大岡川のかつての水運とつながりのある問屋街。
その一画に、「角田めがね&カフェ」がオープンした。
中学、高校時代からの友人が、馬車道にあった店を、ここ自宅ビルの1階に移したもの。


P1050610.jpg

新店舗では地域とのふれあいを目指したカフェスペースを設けた。
選りすぐった豆をハンドドリップで味わえるのはうれしい。


P1050613.jpg

そのお隣は「柴垣理容院」さん。
文明開化を受け、1871(明治4)年に髪結いから西洋理髪に転業したお店で、現存する日本最古の理容室。
現在5代目さんが腕を振るっている。


P1050615.jpg

鏡の横にはご夫妻の肖像画。
田中千智さんという新進気鋭の画家が、あるイベントの際、地元の100人を描いてくれたのだと。


P1050616.jpg

そのイベントとは、2008(平成20)年の「黄金町バザール」。
京急線の高架下周辺で、若いアーティストの作品展示をしたお祭りで、以後毎年秋に開催されてきた。今年は10月1日から11月6日まで。

P1050636.jpg

近所の子供たちも、のこぎりと金槌を使ってアートに挑戦中。

P1050638.jpg

このバザールのきっかけは・・・実は高架下周辺は、戦後から近年まで売春婦が横行した街でもあった。
2005(平成17)年、県警がバイバイ作戦と称してこれら違法行為の一掃に取り掛かった。
その象徴として設置されたのが、眼光鋭い鷹を屋根に据えた交番。

P1050623.jpg

地域の住民・商店主も立ち上がり、売春は一掃された。
そして地域再生の手法として編み出されたのが、バザール開催と元売春宿のアート拠点化。
間口が1間(1.8メートル)しかないような建物を、交渉してアーティストたちの活動拠点として生まれ変わらせてきた。

P1050637.jpg

かつてはピングのネオンが異様に大岡川の水面に写っていた。
この先、アートを中心にnew文明開化の香り高き街となることを願う。

こども植物園

9月とは思えない蒸し暑さの中、「横浜市こども植物園」を訪ねた。
場所は、箱根駅伝で名高い権太坂の近くにある。


P1050284.jpg

コンパクトな敷地の中に、バラ園、垣根園、ハーブ園、果樹園など一通りが揃っている。果樹では柿の種類が多い。
「ジロウ」柿だけ、どういうわけか実がついてなかった。

P1050311.jpg

P1050309.jpg

小ぶりだが、サボテン温室と熱帯花木温室もある。

P1050296.jpg

P1050287.jpg

この植物園の特徴の一つが、竹と笹の種類が多いこと。
エジソンが電球のフィラメントに日本の竹を使ったことは有名だが、その竹(京都のマダケ)の子孫がこれ。

P1050304.jpg

こちらは、1912年に西区で発見され、植物学者・牧野富太郎が命名したヨコハマタケ。タケとあるがササの仲間だと。
竹と笹は、それでなくとも分かりにくいのに・・・


P1050302_20160927210630412.jpg

植物遺伝学者・木原均博士の解説コーナーもある。
コムギの染色体の研究をとおして、その祖先がカスピ海の辺りであることを突き止めたことでも知られる。

P1050314.jpg

コムギの染色体の数にちなんで、博士がカスピ海の岸で拾った21個の石が埋め込まれている。

P1050312.jpg

JR保土ヶ谷駅からバス利用ということもあり、市民にあまり知られていない。
こども植物園だが老人も十分楽しめる。

海軍火薬廠があった街

JR平塚駅北口からほど近く、平塚八幡宮の西隣の八幡山公園内に「平塚戦災復興事業完成記念碑」がある。
平塚市域は昭和20年7月の空襲で廃墟と化したのだが、当時ここには日本海軍火薬廠があった。

P1050149.jpg

八幡山公園内には瀟洒な洋館も建っている。
これは火薬廠時代には将校クラブとして、また戦後は払い下げを受けた横浜ゴム㈱の応接室として利用された建物。
2004(平成16)年、平塚市が譲り受け、同公園内に移築し一般公開されている。

P1050157.jpg

P1050159.jpg

公園脇から伊勢原に向かう道(パイロット通り)沿いにある工場。
ギザギザ屋根の建物は火薬廠の時代のものとか。

P1050151.jpg

さらに進むと㈱パイロットコーポレーションの工場がある。
正門近くにあるこのレンガ造りの建物も火薬廠時代からのもの。

P1050153.jpg

同社は1930年以来、蒔絵を施した万年筆を製造・販売しているが、この建物はその資料館と蒔絵工房となっている。
実際に手にして、世界に誇れる蒔絵の技術に触れることができる。
(写真:同社パンフレット「NAMIKI COLLECTION」から)

P1050169.jpg

資料館の見学は予約制。
帰りがけ、同社が並木製作所と言った時代などのポスターを絵柄にした絵葉書をいただいた。
分かりやすく興味深い解説のY.T.さんに感謝。

P1050155.jpg

蒔絵の万年筆はここ平塚で生み出され海外に多く渡っている。

市域は壊滅的な空爆を受けたにも関わらず、火薬廠の建物は、ほかにも多々残存していたようだ。
これは進駐後のことを考えて、米軍が選別して爆撃したからともいわれている。

横浜地方気象台

現在、台風9号が私の家(?)をめがけて突進中。
この台風の国際名は「ミンドゥル」。
北朝鮮による命名で、意味はタンポポ。ミサイルでなくてホッ。


P1050096_20160822105645578.jpg

台風でもあり、撮りためた中から、外人墓地隣りの横浜地方気象台を紹介しよう。

P1040824.jpg

1927(昭和2)年、落成の旧館。現在は入場無料の資料館となっている。
20歳代の神奈川県技師による設計。当時はキング(本庁舎)の設計で忙しく、若手に仕事が回ってきたのだとか。


P1040823.jpg

1910~30年代に流行ったアールデコ調の様式美がうかがえる玄関扉。
玄関前のひさし(上の写真)についたギザギザに見える装飾も。

P1040820.jpg

落成当時からの大時計。
階段室前のアーチ状の壁もアールデコの特徴。

P1040821.jpg

一枚板の階段踏板が重厚である。
手すり一つ一つに施された幾何学的な装飾も見事。

P1040812.jpg

P1040814.jpg

渡り廊下で繋がった新館に気象業務を行う部屋がある。
きょうはさぞかし殺気立って働いていることだろう。


P1040813.jpg

動植物を使った気象観測でも時折話題になる。
横浜の桜の開花予報に使う標本木は見つからなかった。さて?

P1040806.jpg

30年ほど前、仕事でここを訪ねたことがある。
その時は薄暗くてかび臭い建物だとしか思わなかった。
もちろん親切にいろいろと教えてくれたのは言うまでもない。

プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック