愛の母子像

小学3年生の1年間だけ、近所の家で絵を教えてもらっていた。
その年(昭和33年)は東京タワーが竣工した年でもあった。
8月の教室の最中、経験したことがないような大きな音がした。
近所に米軍機が落ちたことを知り、早速見に行った。
大きなすり鉢状の穴が開いていた。
パイロットは死亡。住民1名重傷、軽症7名。6棟全半壊。(県ホームページより)

PICT0249.jpg

1977(昭和52)年9月27日、青葉区荏田北に米軍機が落ちた。
二人の幼児が亡くなった。
母(和枝)は、子らの死は当初知らされず火傷と戦ったが、4年4か月後にむなしく亡くなった。
和枝の父(勇)は、その一切を「あふれる愛を継いで」にしたためた。

P1070693.jpg

事件の現場からはやや離れるが、横浜線・十日市場駅近くに「ハーブガーデン和枝園」がある。
勇さんが作ったもので、障害者たちの休憩スペースともなっている。
初夏にはラベンダーが咲き、和枝さんを忍ぶ人たちが集まる。

P1070980.jpg

今はアメジストセージがきれいに咲いている。
花言葉は「家族愛」


P1070979.jpg

1985(昭和60)年、遺族らから市への寄贈の形で、港の見える丘公園に「愛の母子像」が設置されたが、事件のことを記すことは許されなかった。

P1070727.jpg

2005年、当時の中田市長の英断により、事件の概要を簡潔に記述した碑文が添えられた。


P1070608.jpg

像があるのは公園内でもひっそりとしたフランス山地区。
母子の視線の先には、木の間越しにベイブリッジがある。
たまに通るカップルは、像には気が付かないで通り過ぎる。

P1070612.jpg

港の見える丘公園は、近年バラを多く植栽している。
そんな中に、「カズエ」という名札のバラが2株ほど植わっている。
志ある方が作り出し命名した新品種。

P1070725.jpg

和枝さんのため、千人を超す人が皮膚提供を申し出て、80人以上が実際に移植した。
でも、最後は国によって精神病院に送られていた。
愛する子供をいっぺんに失った悲しみ・憤りをぶつける先は最後までなかった。
27日で40年が経つ。
スポンサーサイト

小千谷縮の帽子

先週、まだ暑い日が続くと思い、夏用の帽子(ハンチング)を買った。
とっても軽く、手触りが涼やかなのが気に入った。

P1070825_2017090323331829c.jpg

自宅に帰ってからタグを見たら小千谷縮とある。
「北越雪譜」の中で「雪中に糸をなし、雪中に織り・・・」と紹介され、高級和服の生地として有名な織物だ。

P1070806.jpg

帽子を買った数日前、川端康成の「雪国」を読んでいた。
昭和39年発行の角川文庫で、定価八拾圓とある。
越後湯沢を舞台に、主人公の島村と芸者・駒子との情交?を抒情的に描いた小説。

P1070826.jpg

その最終章に「雪のなかで糸をつくり、雪のなかで織り、雪の水にあらひ、雪の上に晒す。績み始めてから織り終わるまで、すべては雪のなかであった。雪ありて縮あり。雪は縮の親というべしと、昔の人も本に書いている。」の一文がある。
北越雪譜を引用しながら、小千谷縮を紹介しているのだ。


P1070831.jpg

島村は汽車に乗って縮の産地(当然、小千谷)を訪ねている。
また、自らも縮を持っていて、手入れの一つとして雪晒しに出すとも書かれている。
私も、この縮の帽子を大切にしよう。電車の中に忘れないようにも。(→過去のブログ


蛇足です。
昭和42年の夏、小説を読んでいた興味から、上信越バイクツーリングの途中、「雪国」の記念碑に立ち寄っている。
小説の冒頭の一節が、康成の自筆で刻まれている。(写真:昭和42年8月)
当時、記念碑の周りは殺風景だったが、現在はかなり変わっているようだ。

PICT0288.jpg

駿府城公園内の紅葉山庭園

先週、仕事で静岡市に出向いた際、駆け足で駿府城跡を訪ねた。
家康が隠居後に院政を敷いた城で、今は官庁施設や公園になっている。
近年復元された巽(たつみ)櫓(手前)と東御門(奥)。


P1070552_20170725175534e42.jpg

駿府城公園内の一画に紅葉山庭園がある。
入場料150円を払って入ると、予想外に整備された庭園が広がる。

P1070557.jpg

静岡市内にも近年高層ビルが建ち始めている。
手前の白い砂利は三保の松原を模している。


P1070561_20170725175632cf6.jpg

これは一目瞭然に富士山。
手前の刈り込まれたサツキは茶畑を模している。
そう、この庭園は静岡の名所を凝縮して見せている。


P1070568.jpg

では、この石段は?
箱根の石畳だそうだ。
箱根は静岡県?いや、要らぬ詮索はよそう。

P1070570.jpg

ごろた石のある流れは、あべかわ餅で知られた安倍川を模している。
30%支持率の内閣と同じ字だと、気づいた。
その近くに茶室がある。


P1070569.jpg

本(ほん)山冷煎茶をいただく。
本山地区のある安倍川流域は静岡茶の発祥の地だと。
薄グリーンの冷えた煎茶は、殊の外美味い。


P1070563.jpg

この後、冷えたほうじ茶も出てきた。
韓国?からの観光客ともども、立礼席なので気取ることなく涼む。


P1070567.jpg

帰りがけ、入場門そばのアオイの寄せ植えに気が付く。
三つ葉葵は徳川一門の家紋。
でも、アオイの葉は2枚。3枚は架空のもの。


P1070574.jpg

静岡の名所巡りの趣向は、外国人観光客にうってつけ。
年に1日だけの静岡での仕事、今年で最後にしよう。
国家試験合格を目指す受講生に迷惑を掛けないうちに。

ブラフ積み

ファッションの街・元町商店街の海岸寄りに大きな緑地がある。
横浜の開港に伴い、ここにフランスの領事館が置かれたことから、現在、フランス山と呼ばれる。

P1070376.jpg

その緑地に沿う道は、登っていくと港の見える丘公園に辿り着く。
そこにある数百メートルに及ぶ石の壁は当時からのものらしい。
表面はかなり風化が進んでいるが、規則正しく積まれている。


P1070371.jpg

石は房総半島の金谷や鋸山当たりの房州石という砂岩。
石の長辺と短辺を交互に積んでいる。
山手の居留地や旧市街地に見られる積み方で、ブラフ積みという。
ブラフとは、切り立った崖のこと。


P1040805.jpg

山手西洋館の一つ、べーリックホールの石垣もブラフ積み。
しかし、その多くは開発に伴いより堅牢なものに作り替えられてきた


P1070362.jpg

残存するブラフ積みの多くは、まだ開発の手が及ばないところ。
こんな昭和の面影一杯の建物とよくマッチする。
伊勢佐木町から根岸に抜ける道沿いに残る。


P1070355.jpg

こちらは、自宅からバス道に抜ける道沿いにある。
ただ、石は房州石ではなく大谷石のようだ。
人の背丈ほどの補修跡は防空壕の跡ではないだろうか?


P1070345.jpg

こちらも近所のものだが、一か所が窪んでいる。
土管らしき跡からみて、それが窪みに沿って地面まで垂れていたのか?

P1070341.jpg

これらの石垣、震災や戦災を乗り越えてきた。
また、夜は夜で、カメラを通すと、違った趣まで醸し出してくれる。


P1070381.jpg

ブラフ積みは、レンガの積み方でいうフランス積みと同じ。
開港当初はフランスの影響が強く、それが石の積み方にまで現れた。

動植物の名前調べ

名前のわからない虫や花を調べるのは以前なら図鑑だった。
布団にネッ転びながら、図鑑のページをめくるのは楽しみでもある。
でも、今はネットで検索するのが一番手っ取り早い。

P1070205.jpg

団地駐車場の脇に群れて生える可愛い花。
乗り降りの都度踏まれても、毎年この季節に花を咲かす。
以前、確か「芝生に生える小さな可愛い花」とでも検索した。

P1070201.jpg

その結果、「ニワゼキショウ」(アヤメ科)と判明。
北アメリカ原産で、今や日本のどこにでもある。

P1070198.jpg

団地内の(手入れの悪い)花壇に咲く緑色の花。
サトイモ科のマムシグサ(→こちら)に似ているので「マムシグサ」で検索。

P1070193.jpg

ぴったしカンカン。マムシグサの画像の中にこの花を見つけた。
「カラスビシャク(烏柄杓)」といい、中国からの帰化植物。
いまや日本各地の畑の脇や石積みの隙間に生えていると。

P1070190.jpg

今朝、庭の花の蜜を吸いにきたアゲハチョウに似た蝶。
「アゲハチョウ」で検索してみると、「ジャコウアゲハ」の雄と判明。
食草となるウマノスズクサが生える所に生息しているとも。


P1070172.jpg

数日前、庭で虫をついばんでいた初めて見る鳥。
特徴の「目の横に白い線」で検索したら、「ガビチョウ」とのこと。
飼い鳥として中国から輸入したものが野に放たれ、今や各地で猛烈に殖えていると。
騒音に近い大きな声で、それもいろいろな鳥の声をまねてさえずる。

P1070117.jpg

ガビチョウは生態系を壊す恐れがあるとして法律で特定外来生物に指定され、アライグマやカミツキガメと同様に防除対象とされている。
動植物の名前を知ることで自然界の姿が見えてくる。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック