山梨産のバルサミコ酢

農の里に1泊した帰り、甲府の東隣の笛吹市春日居町に寄った。
お目当てはここ「なでしこ農園」さん。
明治27年にできた古民家。

P1070680.jpg
 
P1070678.jpg

その前に広がるブドウ畑。
西洋式の垣根仕立てだ。
シャルドネ種がたわわに実をつけている。

P1070683.jpg

P1070681_20170807204952693.jpg

その実を絞ってワインを作る・・・
のではなく、しぼり汁を煮詰め、それを数年をかけて樽で熟成する。

P1070679.jpg

熟成の終わった樽から、中の液をデカンターに移し、

P1070675.jpg

さらに100mlの小瓶に移し替える。

P1070676.jpg

その完成品のバルサミコ酢。
なでしこ農園では、バルサミコ酢の本場イタリア・モデナの気候風土に、この地が似ることから十数年前からその生産に取り組んできた。


P1070692.jpg

バルサミコ酢は、酸っぱさと甘さが同居した奥深い味わいが特徴。
近所からいただいたおからコロッケに少し掛けてみた。
イタリアの風が吹いてきた(かな)。

P1070684.jpg

このバルサミコ酢、以前は横浜駅西口の伊勢丹で売っていたが、お店が撤退。
そこで、生産者まで買い付けに行った次第。
この先、妻から”頼まれて”山梨に行くことになろう。
(訂正)棚仕立てのブドウの品種をピオーネからシャルドネに訂正しました。(8月13日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バルサミコ酢

バルサミコ酢ってこうやって作るんだぁ
それにしても大きな2階作りの古民家ですねぇ
昔養蚕でもやっていたのかなぁ

Re: バルサミコ酢

yukiさん、この古民家は東京駅と同じ年にできたそうです。
養蚕をやるにしては2階が普通の居室の高さがあります。
何か、違う用途もあったのでは?

No title

バルサミコ酢、我が家にはあるのかないのかも知らず・・・。
なでしこ農園のものは、味が違うんでしょうか。
ネットで買うのではなく、わざわざ山梨に行くことが、いいんでしょうね。

Re: No title

メイの家さん、日本で普通に売られているバルサミコ酢は、酢をベースに絡めるなどで色づけしたものが多いようです。
なでしこ農園は本場ものと同じ作り方なので、得も言われぬ深い味わいがあります。
ネットでも買えるのですが、やはり生産者の顔を見たいと思いました。
また何よりも、山梨に(農の里に)行けるのは好都合です。

No title

バルサミコ酢、冷蔵庫にありますがいつ買ったものか?不明です。どのように使ったら良いかわからないまま放置しています。バルサミコ酢を作るブドウ種は限定されているのですか?

ワインより酢

生産者が考えることですが、日本で、日本人だけで発想するなら、おそらくぶどうを酢にしようとは思わなかったのではないでしょうか。
日本人は世界でも有数の酢好きな民族ですが、色々な材料で(多くは雑穀で)十分な酢が生産されてきました。
ただ、日本の酢とバルサミコ酢では、名前こそ酢ですが全くの別物ですね。日本の酢は決して主役になれません。
よいものをよくご存じですね。

Re: No title

モモさん、バルサミコ酢の使い方がわかななくて放置してしまうのは、よくあるみたいですね。
バルサミコ酢は、この農園では写真にあるシャルドネとのこと(最初、ピオーネとしていたのは誤りでしたので訂正しました。)。
白ワインの原料ともなるブドウです。

Re: ワインより酢

となりのじろろさん、バルサミコ酢は葡萄汁を煮詰めて作るので、とろっとして酢らしくありませんね。
でも樽で熟成する間に糖の一部が酢になるのだと思います。
しかし、酢っぱさはほとんど感じませんね。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック