インベーダー植物

一週間ほど前から団地内の各所に白いユリが咲き出した。
初めて目にしたのは十年ほど前で、テッポウユリだと思っていた。
ところが、タカサゴユリという台湾からの外来種だった。

P1070699.jpg

現在は、宮城県以南の全国各地に勢力を伸ばしている。
写真は、西湘バイパスの大磯出口だが、こうした道路わきで目につく。
花がきれいなので、住宅の庭で大切に育てられたりもする。


P1070760.jpg

日本原産のテッポウユリとはすでに交雑したものが広まっている。
交雑したものには花弁の薄紫色のラインがない。
(写真は、交雑してないタカサゴユリ)


P1070744.jpg

一方、春の道路沿いはオオキンケイギクの黄色の花が目立つ。
写真は、東名高速の側道(今年の5月、大井町)だが実に綺麗。
アメリカ原産で、1880年代に観賞用として日本に来たもの。


P1070266.jpg

河床を覆いつくしてしまったつる性のアレチウリ。
大豆に交じって、その種は日本にやって来たとのこと。


P1070762.jpg

P1070764.jpg

厳島湿性公園(→過去のブログ)の水面を侵略しつつあるオオフサモ。

P1070771.jpg

四葉のクローバーのように見える貴重種のデンジソウ(葉が”田”の字に見える)がオオフサモの陰で青息吐息。

P1070769.jpg

ハンゴンソウという日本在来種がある(写真:山と渓谷社「日本の花」から)が、明治期に北アメリカから観賞用で入ってきたのがオオハンゴンソウ。
冷涼な土地で群落化しやすく、箱根では人力で駆除活動を行っている。

P1070776_20170821210429b67.jpg

その花は、園芸種のエキナセアの花(下の写真)を黄色くした感じ。

TV映画「北の国から」で、妻子ある男の子供を身ごもって富良野に戻ってきた蛍ちゃんに、幼馴染の正吉がプロポーズしたときに贈った花がオオハンゴンソウ。
百万本のバラは買えないが、北海道の原野にいくらでもあるこの花を毎日刈りとって、彼女のもとに届けた。
蛍ちゃんの部屋は身動きできないほど、黄色の花で埋め尽くされた。


P1080614.jpg

タカサゴユリ以外のオオキンケイギク、アレチウリ、オオフサモ、オオハンゴンソウは植えたり、譲ったりしてはいけない特定外来生物(→過去のブログ)に指定されている。
これらの植物は例の蟻のような人体への直接の害はないが、日本の生態系を徐々に破壊していく。

正吉がオオハンゴンソウを贈るシーンはこのドラマのベストシーンの一つ。

(訂正、8月22日)ルドベキアをエキナセアに訂正しました。
スポンサーサイト

スリーペンギンズコーヒー&ロースター

掘割川(→過去のブログ)を挟んだ地域に「疎開道路」がある。
終戦間際、空襲火災に備えて建物を強制的に取り壊して作った道路。
国内各地で作られたが、その名称が残っているのはここだけ。

P1100230.jpg

ここに疎開道路(赤線)が設けられた理由は、
建物密集地域だったことと、川に沿う国道16号(黄色線)が軍港のある横須賀に向かう重要道路だったため。
坂下疎開道路に面してスリーペンギンズコーヒー&ロースター(印)がある。

P1070745_2017081617434516f.jpg

店構えは”控えめ”である。
ブラインドが下りているが、はて今日は休みか?
いや、雨でお客がなさそうなので2時から開けようとしていたと。

P1070739_20170816175316513.jpg

よかった。しばし、準備が整うまで中で待たせてもらう。
いろいろな古時計やらおしゃれな家具で落ち着いた雰囲気。

P1070735.jpg

ドアー越しに見える景色は、あたかも昔のガラス戸越しのよう。
ガラス選び一つに店主のこだわりが見て取れる。

P1070736.jpg

青紫のトルコギキョウが上品さを漂わす。
ディスカウントのカフェではこうはいかない。


P1070737.jpg

リクエストを聞かれたので、軽めの豆でペーパードリップを所望。
昼食代わりにドーナツも注文。
こちらは硬めに揚げられていて、適度な甘さ。癖になりそうな旨さ。


P1070734.jpg

昨晩取材を予定していた大岡川の灯篭流しは雨で中止。
かわりに、戦争遺産である疎開道路沿いに素敵なカフェを見つけた。

山梨産のバルサミコ酢

農の里に1泊した帰り、甲府の東隣の笛吹市春日居町に寄った。
お目当てはここ「なでしこ農園」さん。
明治27年にできた古民家。

P1070680.jpg
 
P1070678.jpg

その前に広がるブドウ畑。
西洋式の垣根仕立てだ。
シャルドネ種がたわわに実をつけている。

P1070683.jpg

P1070681_20170807204952693.jpg

その実を絞ってワインを作る・・・
のではなく、しぼり汁を煮詰め、それを数年をかけて樽で熟成する。

P1070679.jpg

熟成の終わった樽から、中の液をデカンターに移し、

P1070675.jpg

さらに100mlの小瓶に移し替える。

P1070676.jpg

その完成品のバルサミコ酢。
なでしこ農園では、バルサミコ酢の本場イタリア・モデナの気候風土に、この地が似ることから十数年前からその生産に取り組んできた。


P1070692.jpg

バルサミコ酢は、酸っぱさと甘さが同居した奥深い味わいが特徴。
近所からいただいたおからコロッケに少し掛けてみた。
イタリアの風が吹いてきた(かな)。

P1070684.jpg

このバルサミコ酢、以前は横浜駅西口の伊勢丹で売っていたが、お店が撤退。
そこで、生産者まで買い付けに行った次第。
この先、妻から”頼まれて”山梨に行くことになろう。
(訂正)棚仕立てのブドウの品種をピオーネからシャルドネに訂正しました。(8月13日)

胡麻

中井の畑で胡麻を育てている。
下から上へ順繰りに咲いていき、咲き終わると種を結んでいく。

P1070628.jpg

花は薄いピンクでなんの模様もなく、この暑さの中、清涼感を感じさせる。

P1070630.jpg

2か月くらい後、下の方の鞘がはじけ出したら刈りとって天日乾燥させる。(下の写真2枚:昨年10月)

P1050587.jpg

種(胡麻)はこんなふうに鞘の中に行列して入っている。
胡麻には黒、白があるが、うちのは金胡麻。


P1050588.jpg

胡麻を使った料理と言えば、ゴマ豆腐か。
でも、作るのが大変そうなので胡麻団子に挑戦してみた。
といっても、潰したじゃが芋に胡麻をまぶしてトースターでチン。


P1070650.jpg

ネットに出ていた揚げない胡麻団子の一丁上がり。
中にチーズを入れてあるものの、味は星一つ・・・


P1070651.jpg

以下はうちのシェフの作品3点。
お稲荷さん。ごはんに胡麻をまぶしてある。

P1060615_20170801211123e58.jpg

味噌を大葉でくるんで揚げた「味噌のシソ巻き」。
味噌には胡麻と胡桃も入れた我が家特製。


P1070648.jpg

近所でも好評の「イワシのふりかけ」。
イワシの削り節、砕いたにぼし、減塩昆布といりごまに調味料を加えたもの。
これがあると、お酒もご飯もすすむ。


P1070644.jpg

手作りアンパンにもケシの代わりに胡麻を使っている。
胡麻はちょっとあれば重宝な食材だ。
秋に収穫した胡麻を翌年蒔けば、また胡麻となる。

駿府城公園内の紅葉山庭園

先週、仕事で静岡市に出向いた際、駆け足で駿府城跡を訪ねた。
家康が隠居後に院政を敷いた城で、今は官庁施設や公園になっている。
近年復元された巽(たつみ)櫓(手前)と東御門(奥)。


P1070552_20170725175534e42.jpg

駿府城公園内の一画に紅葉山庭園がある。
入場料150円を払って入ると、予想外に整備された庭園が広がる。

P1070557.jpg

静岡市内にも近年高層ビルが建ち始めている。
手前の白い砂利は三保の松原を模している。


P1070561_20170725175632cf6.jpg

これは一目瞭然に富士山。
手前の刈り込まれたサツキは茶畑を模している。
そう、この庭園は静岡の名所を凝縮して見せている。


P1070568.jpg

では、この石段は?
箱根の石畳だそうだ。
箱根は静岡県?いや、要らぬ詮索はよそう。

P1070570.jpg

ごろた石のある流れは、あべかわ餅で知られた安倍川を模している。
30%支持率の内閣と同じ字だと、気づいた。
その近くに茶室がある。


P1070569.jpg

本(ほん)山冷煎茶をいただく。
本山地区のある安倍川流域は静岡茶の発祥の地だと。
薄グリーンの冷えた煎茶は、殊の外美味い。


P1070563.jpg

この後、冷えたほうじ茶も出てきた。
韓国?からの観光客ともども、立礼席なので気取ることなく涼む。


P1070567.jpg

帰りがけ、入場門そばのアオイの寄せ植えに気が付く。
三つ葉葵は徳川一門の家紋。
でも、アオイの葉は2枚。3枚は架空のもの。


P1070574.jpg

静岡の名所巡りの趣向は、外国人観光客にうってつけ。
年に1日だけの静岡での仕事、今年で最後にしよう。
国家試験合格を目指す受講生に迷惑を掛けないうちに。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック